• 膨大な臨床鍼灸の研究実績
  • 91.9%の効果を実証
  • 早い・短い痛くない治療

コラム

2009年12月 1日 火曜日

平滑筋と鍼灸医学2  東洋医学研究所®グループ福田鍼灸院 院長  福田裕康

平成21年12月1日号

 平成17年8月1日号に『平滑筋と鍼灸医学』と題したコラムを書かせていただきました。この中でなぜ、平滑筋が鍼灸と関係があるのだろう、そしてそもそも平滑筋とは何かということから書かせていただきました。また、参考にしていただけたらと思います。
 その中心の話として、鍼灸の適応疾患は多種にわたり、平滑筋を制御するには自分の意思では動かせない自動的な調節があるといいました。自分の意思で動かせないものをどうやって調節していくかというときに、自律神経が大きなキーワードになっていくこともお話しました。
 もう一度復習しておきますが、この自律神経というのが平滑筋を動かす本体で、この神経が自分の意思と関わりなく働き、消化、呼吸、代謝といった生命活動の働きを調節しています。例えば、食事をすると胃液が出て胃の動きが活発になり食べ物を消化していく、運動や緊張をすると血圧が上がり心臓がドキドキする、などであります。このように自分の意思に関わらず、様々な刺激に対応しながら体をコントロールしているのが自律神経です。
 この自律神経には、交感神経と副交感神経の二つがあります。この二つの神経が拮抗して働き調節をしているのです。
 さて、そこで鍼灸治療をうけた場合にどのような効果があるかという研究が報告されるようになり、その中において平滑筋関係でいうと特に消化管といわれる、胃や腸についての研究があります。代表例をあげてみますと胃の動きを調節するときに、手や足の末端のほうを刺激すると胃の働きが強くなり、体幹を刺激すると胃の働きが弱くなるという報告もあります。これも非常に大事なデータであります。つまり、今刺激したことによってすぐに胃の動きが調整できるという証拠になります。
 そうなってくると、もう一つ疑問がわいてきます。鍼灸治療が予防や健康維持に一役買っているということに異論はないと思いますが、消化管でもそのような効果が期待できるかということです。
 そこで、研究をおこないました。糖尿病という病気はご存知だと思いますが、この疾患は血糖値があがるというだけでなく、二次的に神経障害をおこすといわれています。そして、胃腸もその影響で動きが悪くなったり、不安定な動きになることが報告されています。そこで、糖尿病モデル動物のラットの胃を用いた実験をおこないました。そしてこのラットに25週間にわたって週に2回鍼治療をしたラットと比較検討しました。実験方法は収縮実験です。ラットから胃を取り出して胃の筋肉だけの状態(図1)にして、両端を糸でしばって張力をはかります(図2)。

  
(図1)                                   (図2)

 そうしますと、図3のような記録をとることができます。つまり、ラットの胃では周期的に収縮・弛緩を繰り返す自動運動をしていることがわかります。上へ向かうとギュッと縮まる収縮で、下へ向かうと広がる弛緩です。
(図3)
 そこに、自律神経などの神経からの影響を検討するために電気刺激を行います。電気刺激というのは刺激の時間などを変えて刺激すると筋肉の間まできている神経だけを興奮させることができます。神経を興奮させると、そこからいろいろな物質が放出され、胃でいえば、運動が大きくなったり小さくなったりします。下の3つの図の横棒の下線のところが電気刺激をしているところです(図4)。ここでは3つの図とも、もともとあった自動運動が小さくなっているのがわかります。この原理を応用すると筋肉を支配している神経(自律神経を含む)の様子がみえます。この3つの図は、左から(A)普通のラット、(B)糖尿病ラット、(C)鍼治療をした糖尿病ラットからとった図です。3つともそれぞれ違った反応がみてとれます。つまり、糖尿病になると胃運動に対する神経の影響が変わり、また鍼治療することによっても変化することがみてとれます。

(図4)
 この図をもとにいろいろな神経物質の阻害剤や促進剤を用いてなぜこのような違いがあるかを検討しました。結論からいいますと、鍼治療でもっとも変わったのは神経から放出されるアセチルコリンによる反応であり、副交感神経の増強が示唆される結果となりました。
 副交感神経の持続的な増強が与える影響については、まだわかっていないことばかりですが、逆に交感神経の持続的な増強は血流を悪くしたり、免疫によって身体を攻撃するなどの悪影響が報告されているので、副交感神経の増強はいい方向に働く可能性が秘められています。ひいては予防や健康維持に重要な要素となりえることも考えられます。
 平滑筋と鍼灸との関係は多種の臓器や疾患にまたがるため、まだまだ研究としては緒についたばかりです。
 非常に広範囲な分野ですが、非常におもしろい分野であるとともに、鍼灸診療とは切っても切れない縁があります。このような研究の実績のもとに鍼灸診療を行えたら、よりよく最適な治療の近道になりえると確信しています。少しでも興味をもっていただけたでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のブログ記事