糖尿病通信

2016年12月 1日 木曜日

糖尿病通信21 

東洋医学研究所®及び東洋医学研究所®グループでは現在、糖尿病鍼治療キャンペーンを行っております。

今回糖尿病治療キャンペーンに参加された、20年来糖尿病を患っている72歳の女性を紹介させて頂きます。

この患者さんは、毎月血液検査を受けられており、鍼治療受診前のHbA1cは7台でありました。

娘さんの紹介で東洋医学研究所®を知り、鍼治療を週2回、3ヶ月継続したところ、HbA1c は5.7に減少、ドクターから弱めの薬に変更されました。

また、健康チェック表の点数は初診時56点から平成28年8月には12点、糖尿病カルテの点数は26点から14点へそれぞれ減少し、種々の不定愁訴や糖尿病の随伴症状と思われる疲れやすさや足のしびれが改善しました。

現在まで1年4ヶ月間鍼治療を継続し、HbA1cは6.1で安定しており、身体全体の調子も良くなって喜ばれています。

今も娘さん・お孫さんと3人で鍼治療に通われております。

もし、糖尿病でお困りの方は鍼治療を受診されてはいかがでしょうか?


文責:東洋医学研究所®


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東洋医学研究所