活動内容

2018年7月 4日 水曜日

(公社)生体制御学会第291回定例講習会(愛知県鍼灸生涯研修会)に参加してきました

平成30年7月1日(日)(公社)生体制御学会第291回定例講習会(愛知県鍼灸生涯研修会)に参加してきました。

(公社)生体制御学会第291回定例講習会
(愛知県鍼灸生涯研修会)

9:30~12:00 糖尿病の基礎と臨床 (公社)全日本鍼灸学会認定指定研修C講座
社会医療法人八千代病院 内分泌代謝内科部長 
藤井 徹 先生

「糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。HbA1c6.5以上、空腹時血糖値が126mg/dl以上あれば、糖尿病が強く疑われます。
糖尿病は生活習慣病の代表的な病気となり、食べる、運動などのわずかな過不足が積み重なることで発症し、メタボリックドミノという悪循環に陥ってしまいます。
血糖値が高い、糖尿病になると何がこわいのかと言うと、気がつかないうちに病気が進み、合併症を引き起こしてしまう点です。その合併症のこわさは一度発症すると治癒しないこと、全身で同時進行すること、年齢などで進行が加速することがあります。合併症の中で太い血管の病気として、脳梗塞、心筋梗塞があり、細い血管の病気に網膜症、神経障害、腎症(3大合併症)があります。
糖尿病の原因の1つにインスリン抵抗性の亢進がありますが、その原因として、内臓脂肪量の過剰、皮下脂肪量の過剰、脂肪筋、脂肪肝などがあります。糖尿病合併症進展抑制のためにできることは、血糖コントロール、脂質異常症の改善、血圧管理、体重コントロール、尿酸コントロールがあります。」と御講義頂きました。





13:00~13:50  
生活習慣病の基礎・臨床、診断と治療 
(公社)生体制御学会研究部生活習慣病斑班長
(公社)生体制御学会理事
山田 篤 先生
今回は「糖尿病について6」と題して御講義頂きました。
前回までの復習で、「血糖コントロールについて」を理解するために糖の分類・種類についてお話された後、2013年の熊本宣言について、血糖コントロール目標や、検査値の意味(血糖値、HbA1c、1.5-AG、グリコアルブミン、尿糖)や基準値について、そして糖尿病治療の目標である血糖、血圧、体重などの良好なコントロール状態の維持が、高血糖によって引き起こされる、網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化性疾患の発症進展を阻止し、健康人と変わらないQOLの維持や寿命の確保に重要であるということについて、スライドを用いて詳細にお話しして頂きました。

 

14:00~14:50 生活習慣病に対する症例報告及び症例検討
「経絡治療と高血圧」
経絡治療学会東海支部支部長
加賀 敏朗 先生

今回は「経絡治療と高血圧」と題して、高血圧の病理についてと、高血圧を伴うのぼせ、ふらつきがある女性に対し、半年間鍼治療を施したところ、血圧が安定し、のぼせとふらつきの自覚症状が改善した症例についてスライドを用いて詳細な報告がありました。



15:00~16:00 鍼灸学校学生向け企画 スポーツ傷害に対する鍼治療
「スポーツ傷害に用いる基本手技」
早川治療院 院長
早川 和浩 先生
「スポーツによる怪我にはスポーツ外傷とスポーツ傷害があります。
スポーツ外傷は捻挫や打撲、ダッシュ後の肉離れなどです。主に足関節に起こりやすい症状です。肉離れは10日ほどで治った状態になりますが、本格的に練習を再開すると再発するので、治療しながら3週目にランニングなどから再開すると良いです。
スポーツ傷害は、同じ動作を繰り返し行う事によって起こる炎症や疲労骨折などをいいます。アキレス腱などの炎症やゴルフ肘・野球肘・テニス肘などからシンスプリントの疲労骨折などです。
私の経験から言いますと、スポーツ時の怪我に対しては急性期に鍼治療をした方が良くなると思いますし、慢性期においても鍼治療は有効だと思います。日曜などで出来ない場合は鍼治療が良いですが、もし、病院を受診できるなら整形外科の受診を勧めます。何でも一人で最後まで患者を抱えるのではなく、選手や患者の事を考えるのであれば、例えば整形でレントゲンを撮ってもらったら剥離骨折していたというケースもあるので、整形外科や各科との連携を取れるようにすることも大事だと思います。」と経験談からのお話をして頂きました。
また、スポーツ鍼施術のポイントとして
・痛いところに打つ
・損傷部位に鍼先を正確に届かせる
・痛みの出る姿勢を再現させて打つ
・押手を通常よりしっかり強めにする
であることを教えて頂き、その後、早川先生の実技を交えながらのお話を頂きました。



 
16:10~17:00 
名古屋市立大学睡眠医療センター認定 睡眠育成士認定講座(2)
「睡眠の基礎と臨床」      
名古屋市立大学睡眠医療センター長
名古屋市立大学睡眠医療センター・臨床検査技師長
安東カヨコ  バールドワジ先生

今回は睡眠時の脳波の波形と検査法について教えて頂きました。
「睡眠のステージには覚醒・レム睡眠・ノンレム睡眠(ステージ1~4)があります。基本的に睡眠は頭を休めるノンレム睡眠から入り、体を休めるレム睡眠へ移行し、約90分サイクルで、一晩でノンレム睡眠-レム睡眠が4回から5回繰り返されます。
脳波の分類にはδ波・θ派・α波・β波があります。δ波・θ派は徐波睡眠、深睡眠と言われ深く眠っている時を指します。特にα波が重要で、寝ているか覚醒しているかがわかりα波が出現するかどうかで覚醒と睡眠を見極めます。β波は覚醒している状態です。
また、レム睡眠を見るためには脳波のみでは不十分で、眼球運動でも確認ができます。
そして睡眠の検査法であるポリソムノグラフィー検査(PSG)は、睡眠中の脳と体(主に呼吸と下肢の動き)の生理的現象を記録します。特に睡眠時無呼吸症候群を防止するために、脳波だけではなく睡眠中の呼吸にも注目されるようになりました。
もっと簡便な検査法として、検査施設外睡眠検査(OCST)があり、慣れた自宅での検査が可能であります。価格も安価であるものの脳波記録がないため詳細に見ることができない欠点があり、アメリカを中心に再度検討がなされています」と御講義頂きました。


このマークのついている先生は東洋医学研究所®グループに所属しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東洋医学研究所 | 記事URL

2018年6月 6日 水曜日

お知らせ (公社)生体制御学会第290回定例講習会に参加してきました

平成30年6月3日(日)(公社)生体制御学会第290回定例講習会(愛知県鍼灸生涯研修会)に参加してきました。
(公社)生体制御学会第290回定例講習会

10:00~10:20 第23回愛知県鍼灸生涯研修会開講式
第23回愛知県鍼灸生涯研修会開講式と、第22回(平成29年度)愛知県鍼灸生涯研修会における表彰が行われました。

ご挨拶をされる(公社)生体制御学会会長の皆川宗徳先生

 
代表で表彰状を授与される西田修先生

10:30~12:00 
基礎生理学 (公社)全日本鍼灸学会認定指定研修C講座      
愛知医科大学医学部生理学講座教授
岩瀬  敏 先生

今日は脳の基礎について御講義頂きました。
脳と脊髄から出る神経を末梢神経と言い、末梢神経には脳神経と脊髄神経があります。脳神経は12対、脊髄神経には、頸神経8対、胸神経12対、腰神経5対、仙骨神経5対、尾骨神経1対の計31対あります。その中で、脳神経は大切で、第Ⅴ脳神経である三叉神経はV1眼神経、V2上顎神経、V3下顎神経と3つあり、重要です。
第Ⅰ脳神経は嗅神経で嗅覚を司ります。嗅覚は特に記憶と情動に関連します。ヒトの安全に重要な機能であり、焼ける匂い、敵の匂い、食物の匂い、腐敗臭などを嗅ぎ分けます。嗅覚受容体は遺伝子の3%を占め、遺伝子の割合からみても特に重要な機能であることがわかります。
第Ⅱ脳神経は視神経となり、ヒトの情報の90%を占めると言われています。近くを見るときは寄り眼になる動き(輻輳(ふくそう))、瞳孔が小さくなる、水晶体が厚くなるといった3つの調節が行われます。外眼筋の支配神経は、動眼神経がほとんどであり、その他に上斜筋は滑車神経、外直筋は外転神経の支配域になります。」とお話しして頂きました。


 
13:00~13:50  
糖尿病の基礎と臨床   (公社)全日本鍼灸学会認定指定研修C講座
社会医療法人八千代病院 内分泌代謝内科部長
藤井  徹 先生

今回は糖尿病に基礎について御講義頂きました。
糖尿病とは血糖値が高くなる病気になります。空腹時血糖値が126mg/dl以上、食後血糖値、ブドウ糖負荷試験2時間値が200mg/dl以上あれば、糖尿病が強く疑われます。戦後から糖尿病患者は増え続けており、現在は戦後直後と比べて10倍となっています。糖尿病、または糖尿病予備群は2000万人いると言われています。血糖値はインスリンによってコントロールされています。インスリンは膵臓から分泌されます。同じ肥満でも内臓脂肪が多い人と皮下脂肪が多い人では糖尿病になりやすいかどうかが大きく違ってきます。内臓の周りに脂肪がつく内臓脂肪型肥満の方のほうが糖尿病になりやすいことがわかっています。
また、2013年の熊本宣言により、糖尿病コントロール目標が変わり、HbA1c7%未満となっています。」とお話しして頂きました。


14:00~14:50 
生活習慣病に対する症例報告及び症例検討
「糖尿病に対する鍼治療の一症例」
(公社)生体制御学会会員  
橋本 高史 先生

今回は、20年以上前に糖尿病を発症し、その後うつ病を発症、血糖値やHbA1cが高くなり、頭痛や耳鳴りなど種々の症状に悩まされていた女性に対し、週2回の治療頻度で半年間鍼治療を施したところ、HbA1cが安定し、うつ病の症状や糖尿病の自覚症状が改善された症例についてスライドを用いて詳細な報告がありました。
また、糖尿病の分類やHbA1cの目標値についても(一社)日本糖尿病学会の糖尿病治療ガイドラインの診断基準に基づいて詳しくお話しして頂きました。


 
15:10~16:00 
鍼灸学校学生向け企画 スポーツ傷害に対する鍼治療
「スポーツ傷害と鍼治療」
早川治療院院長
早川 和浩 先生

「私はアメリカでベースボールの、日本ではバスケットボールや重量挙げのトレーナーをしていました。北京オリンピックも帯同していました。
私はアメリカでアスレチックトレーナーの資格を取り、その後鍼灸の免許を取りましたが、アメリカと日本ではトレーナーの意味合いが違います。アメリカでは治療をしません。トレーナーとしての仕事は、現場での交通整理のようなもので、怪我をした選手の応急処置をしたり、救急車を呼んだりして、その後復帰のお手伝いをするのが仕事です。現場での治療は難しいです。一方、日本ではマッサージなどで選手のケアをします。これはどちらも一長一短あります。
私はアメリカで現場での処置を学び、日本では治療院を開いて治療院に選手が通ってくれています。十分な治療は治療院内でしかできないと思います。
アメリカでの資格であるアスレチックトレーナーは残念ながら国家資格ではありません。医療系の資格がなければ採用されにくいのが現状で、セカンドライセンスといってよいです。ですから鍼灸やマッサージなどの資格を取ってからアスレチックトレーナーを目指して行くのが良いと思います。治療家としてスポーツでの怪我の治療をしたいのか、スポーツの現場での処置をしたいのか。自分のイメージするトレーナー像を整理する必要があると思います。今はチャンスの時代です。是非学びの場に出てほしいと思います。」と経験談からのお話をして頂きました。


 

16:10~17:00 
名古屋市立大学睡眠医療センター認定 睡眠育成士認定講座(1)
「睡眠の基礎と臨床」      
名古屋市立大学睡眠医療センター長
中山 明峰 先生

今回は、【睡眠育成士】とは何かについてと、睡眠について御講義頂きました。
「現代社会の進化により子供たちのみならず、全国民の睡眠動態が悪化し、睡眠障害は社会的に大きな損失となります。
睡眠育成士は、睡眠衛生について学び、学んだことを非営利的に、情報を拡げることを目的とします。睡眠について正しく理解して頂き、睡眠育成士として、学校などの教育施設より眠育の要請があった際には積極的に応じていきたいです。
2017年の流行語大賞のノミネートに【睡眠負債】が入っておりました。【睡眠不足】ではありません。要は借金です。土日の休みに昼まで寝ている時点で【睡眠負債】です。それは認知症になるのも早まります。
睡眠は頭を休めるノンレム睡眠から入り、体を休めるレム睡眠へ移行し、約90分サイクルで、ノンレム睡眠-レム睡眠を繰り返します。そして、レム睡眠の間に記憶の定着が行われます。例として、徹夜で勉強して、試験を受けて、その後短時間の昼寝をしてもレム睡眠を経ないと記憶には残りません。ですから、仮眠ではない睡眠時間が必要になります。
不眠の治療は、まず患者の話をよく聞き【眠れない】についても、寝つきが悪いのか?夜中途中で目が覚めるのか?早朝覚醒なのか?また活動している間はどのような生活を送っているかなど、きちんと患者の状況を把握した上で睡眠衛生指導を行い、必要に応じ、薬を処方するということが大事です。昼間に体を動かしていないと夜眠れるわけがありません。携帯電話の充電と同じで、バッテリーが残っている状態で充電しているとバッテリーの寿命が短くなります。バッテリーが残り少なくなってから充電をする方が良いという事と同じです。
そのためには体を動かすことの方が睡眠薬や安定剤に頼って服用するよりもずっと良いと思います。先生方には正しい指導、アドバイスができるようにしっかりと勉強していただき、睡眠育成士として正しい情報を大いに世間に伝えてほしいと思っています」とお話しして頂きました。







このマークのついている先生は東洋医学研究所®グループに所属しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東洋医学研究所 | 記事URL

2018年4月26日 木曜日

お知らせ 平成30年5月3日に大垣市で東洋医学研究所®グループにしだ鍼灸院が開院しました

平成30年5月3日に大垣市で東洋医学研究所®グループにしだ鍼灸院が開院しました。
にしだ鍼灸院のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東洋医学研究所 | 記事URL

2018年4月24日 火曜日

お知らせ 平成30年度愛知県鍼灸マッサージ師会大曽根支部通常総会において講演をしてきました

日時:平成30年4月22日(日)
場所:ホテルプラザ勝川 4階 
時間:11:30~12:00
講演:『突発性難聴に対する鍼治療の一症例』
   東洋医学研究所®主任 橋本 高史 先生

内容:突発性難聴発症後速やかに生体制御療法(鍼治療)を受療された患者さんの経過を、オージオグラムを用いて難聴を評価し、突発性難聴の症状である耳鳴りや耳閉感が軽減した症例を、スライドに基づいて詳細に報告しました。

講演中の橋本高史先生
 

会場風景
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東洋医学研究所 | 記事URL

2018年3月 7日 水曜日

(公社)生体制御学会第289回定例講習会(愛知県鍼灸生涯研修会)に参加してきました

平成30年3月4日(日)(公社)生体制御学会第289回定例講習会(愛知県鍼灸生涯研修会)に参加してきました。
(公社)生体制御学会第289回定例講習会
(愛知県鍼灸生涯研修会)

9:30~10:20 睡眠の基礎と臨床 (公社)全日本鍼灸学会認定指定研修C講座
名古屋市立大学睡眠医療センター・センター長
中山 明峰 先生
名古屋市立大学睡眠医療センター・臨床検査技師長 
安東 カヨコバールドワジ先生

今回はまず、安東先生にこれまでの講義の受講者からの質問にお答え頂きました。
「夜勤明けの注意点を教えてくださいという質問にお答えすると、①昼間の帰宅時に太陽光をなるべく避ける、②帰宅時は睡眠環境を整える。例えば遮光カーテン、アイマスクや耳栓などを使います、③その日の夕方には起きて、いつもと同じ時間に寝る。そして、睡眠サイクルを戻す、④過度の睡眠不足は飲酒した時と同じくらいの注意欠損があるので、なるべく運転をしないなどに気をつけることが大切です。
睡眠負債という言葉を最近よく聞きますが、睡眠負債の程度がわかる方法について教えてくださいという質問がありました。睡眠日誌を書いてもらい、もしも、睡眠負債があると休日の睡眠時間が長くなります。
子どもと大人の寝相の悪さの違いについて教えてくださいという質問について、子どもは夜中に成長ホルモンが出るため、寝相が悪くなるものです。大人は室内環境(湿度、温度、枕、寝具やパジャマなど)が要因になります。
寝るためのリラックス方法について教えてくださいという質問について、方法として、アロマ、ゆったりした音楽を聴く、部屋の温度、ホットミルクを飲むなどがあります。」
 
また、中山先生からは「1960年代の睡眠薬はバルビタールと言って、睡眠を促す薬ではなく、麻酔薬で筋力を落として意識をなくさせるという薬でした。これでは、筋力低下をおこしすぎると、死んでしまうということで、1970年代にベンゾジアゼピンという薬ができました。WHOでは、この今でも使われているベンゾジアゼピンはマリファナよりも2倍以上、有害性と依存性が高いことを公表しています。2000年代になり、非ベンゾジアゼピンの薬ができて、だいぶ副作用も抑えられることができました。また、3年前の2015年頃に効果は緩やかではありますが、やっと睡眠薬と呼べるような薬ができました。」と御講義頂きました。

安東 カヨコバールドワジ先生



中山 明峰 先生

10:30~12:00 
循環生理学  (公社)全日本鍼灸学会認定指定研修C講座
愛知医科大学医学部生理学講座教授
岩瀬  敏 先生

今回は、脳の機能について御講義頂きました。
「大脳皮質活動のモニタリングには、脳波(EEG)、誘発電位(EP、ERP)、脳磁図(MEG)、PET、fMRIがあります。
脳波は頭皮に電極を取り付けて、増幅器で増幅して記録する波で、大脳皮質の総体的な活動が記録されます。1924年にドイツの精神医学者Hans Bergerによって人間の脳波がはじめて観察されています。
脳波の周波数と種類はδ波0.5~3HZ、θ波4~7HZ、α波8~13HZ、β波14~30HZになります。特徴的な異常脳波は平坦な脳波(死)、てんかんでは棘波、鋭波、棘徐波複合、鋭徐波複合の脳波がでます。覚醒に関与する評価法として、JCS(ジャパンコマスケール)があります。Ⅲ群は刺激しても覚醒しない、Ⅱ群は刺激すると覚醒する、Ⅰ群は覚醒しているとなっており、救急の場合に患者さんの容体を簡潔に伝えるときなどよく使われます。
脳の視床下部と食欲の関係として、満腹中枢は破壊するとどんどん太り、摂食中枢は破壊するとどんどん痩せていくということが知られています。ホルモンではグレリン、レプチン、インスリンが関与します。睡眠時間が短いと太ることがわかっており、レプチンはやせるホルモン、グレリンは太らせるホルモンということがわかってきています。」とお話しして頂きました。


13:00~13:50  
生活習慣病の基礎・臨床、診断と治療 
「糖尿病について5」
(公社)生体制御学会研究部生活習慣病斑班長
(公社)生体制御学会理事
山田 篤 先生

今回は「糖尿病について5」と題して御講義頂きました。
前回までの復習で、「糖とは何か」を理解するために糖の分類・種類についてお話された後、不溶性と水溶性がある食物繊維についての説明と、血糖測定を行う時の『血糖トレンド』という考え方について、そして持続的に血糖を測定し、血糖の変動を捉えることが重要であるということについて、スライドを用いて詳細にお話しして頂きました

 
 

14:00~14:50 婦人科疾患に対する症例報告及び症例検討
「血虚のうつ」
愛知漢方鍼医会代表
高橋 清吾 先生

今回は「血虚のうつ」と題して、血虚の考え方や養生についてと、軽めの散歩や息を長く吐く事、睡眠の重要性など、主に自律神経の調整が必要であるということを、東洋医学的な視点から臨床の経験を踏まえてお話して頂きました


15:00~16:00 鍼灸学校学生向け企画 婦人科疾患の基礎と臨床
「各論4 婦人科の鍼灸と臨床研究」
明生鍼灸院副院長
(公社)生体制御学会会員  
木津 正義 先生

今日は臨床研究と不妊について御講義頂きました。
「研究を知るということは大切なことで、治療に来院する患者さんにしっかりとした確かな情報を教えてあげることができます。
鍼をした、治った、良かった、では、昔の雨が降らないから祈祷した、雨が降った、良かったと同じになってしまいます。祈祷しても雨が降らないのはわかりますよね、本当に鍼の効果かどうかをしっかりと確かめるために研究をして、世の中に論文という形で出していくことが必要になります。
コクランという団体があり、この団体は薬や治療の効果が営利目的に利用されることなく、正しく評価しようという団体になります。このコクランが出している不妊と鍼治療の効果について、鍼治療は何もしなかった群よりも不妊に効いたという報告をしています。」とお話しして頂きました。



このマークのついている先生は東洋医学研究所®グループに所属しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東洋医学研究所 | 記事URL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31