• 膨大な臨床鍼灸の研究実績
  • 91.9%の効果を実証
  • 早い・短い痛くない治療

コラム

2020年1月 1日 水曜日

痒み十人十色 東洋医学研究所® 外部主任 中村 覚 令和2年1月1日号

はじめに
東洋医学研究所®ホームページが2003年に開設されてから続いておりますコラムですが、私が初めて担当したのが2005年12月号の「かゆみ」でした。それから、「スキンケア」「ストレスと掻破行動」「ストレスと掻破行動2」「人工透析患者さんのかゆみ」「抗ヒスタミン薬の効かないかゆみ」「ドライテクニック」「虫刺されのかゆみ」「ステロイド外用が誘発するかゆみ」と、かゆみに関するお話をさせて頂きました。今回のコラムは10回目となります。
すでに月日は10数年経過していますが、かゆみのメカニズムや治療の研究については、まだまだ不明な点が多く、かゆみには複雑な機構があることがわかります。
今回は、アトピー性皮膚炎などの痒みのある患者さんが日常的に感じる痒みに関して、下記の内容についてお話をさせて頂きます。
1.温もると痒くなるのはなぜ?
2.夜間に痒みが出やすいのはなぜ?
3.汗をかくと痒い?汗をかかないと痒い?
4.お酒を飲むと痒くなる?
5.熱をこもらせない肌着とは?
6.痒みって伝染する?

1.温もると痒くなるのはなぜ?
温熱刺激はアトピー性皮膚炎の痒み誘起因子として知られていますが、そのメカニズムは不明な点が多く、温熱で誘発される痒みは治療に反応しにくいといわれています。
温度と痒みの関係については、痒いところに熱いシャワーをかける、あるいは氷等で冷やすと痒みが止まることが多く、熱および冷刺激いずれも健常な皮膚においてヒスタミンの痒みを抑制します。
ところがアトピー性皮膚炎の痒みは、冷刺激によって抑制できますが熱刺激によっては逆に増強されます。つまり、アトピー性皮膚炎では熱刺激を痒みに感じる異常が生じているということになります。この現象は、アトピー性皮膚炎病変部の真皮に神経栄養因子アーテミンが蓄積し、皮膚過敏となり温感によって痒みが生じていると考えられています。

2.夜間に痒みが出やすいのはなぜ?
アトピー性皮膚炎等の患者の痒みは、日中よりも夜間に増加し、その結果睡眠障害を来すことが知られています。その原因としては、皮膚バリア機能の低下、痒みを引き起こすインターロイキン2の産生増加、抗炎症作用をもつ副腎皮質ステロイドの産生低下、深部体温低下をもたらすメラトニンの分泌低下などが考えられています。
また、夜間は自律神経のうち副交感神経が優位となり、健常人においては体温が低下して痒みが軽減することになりますが、アトピー性皮膚炎等の掻痒性皮膚疾患患者では、ストレス等の影響で夜間でも交感神経活動が優位となり、体温が低下しにくく、夜間の痒みの増強に繋がっていると考えられています。

3.汗をかくと痒い?汗をかかないと痒い?
汗には、天然保湿因子や、感染防御に役立つ抗菌ペプチドおよび分泌型IgAが含まれ、成熟した角層を形成することにも寄与します。また、発汗によって放熱し、体温を低下させることは痒みの抑制につながります。逆に、発汗量の減少は、皮膚温の上昇、皮膚乾燥を招き、痒みの誘導と増強を導くことになります。つまり、汗をかくことで痒みを抑制できることになります。しかし、健常人と比べアトピー性皮膚炎患者は、発汗しにくく、痒み刺激が発汗量自体を低下させることが分かっています。適切に汗をかくことができなければ、体温が上昇し、かゆみが増強することになります。
 適切に汗をかけることは良いことですが、汗のメリットは時間の経過とともに損なわれ、皮膚表面に汗と汚れが放置されてしまうと痒みをひきおこしたり、皮膚症状を悪化させてしまいます。汗をかいたら、表面に残った汗は洗い流すか、おしぼりでやさしく拭うといった対策も併せて必要となります。

4.お酒を飲むと痒くなる?
アトピー性皮膚炎患者のなかには「お酒を飲むと痒くなる」ということがあります。私自身はアトピー性皮膚炎ではありませんが、「お酒を飲むと痒くなる」ことはよくあります。アトピー性皮膚炎では、健常人と比べてさまざまな要因(発汗、ウールとの接触や情動ストレス)により痒みが増悪することが臨床的に知られています。飲食物では熱いもしくはスパイシーな食べ物とともに、アルコールの摂取も痒みの増悪因子となることが報告されています。これらの食べ物やアルコールの摂取は共通して血流増加(末梢血管拡張)をおこすことから、本作用が痒みの惹起・増強に関与していると推測されています。
アトピー性皮膚炎モデルマウスを用いた研究では、アルコール(エタノール)摂取によって掻破様行動が顕著に増加し、エタノールが上位中枢(脳)に作用した結果生じるものと報告されています。

5.熱をこもらせない肌着とは?
上述したように、痒みは血流増加や体温上昇によって増強することから、肌着においても熱を放散できるものが良いと考えられます。熱放散には、①外気との温度差を利用して皮膚から熱を放射・伝導・対流させる「乾性熱放散」と②汗腺から汗を分泌させ蒸発させる「湿性熱放散」があります。肌着の着用はこれらに影響するため、熱放散をできるだけ促進し、体温の上昇を低く抑えて皮膚に熱をこもらせない肌着を選ぶことが重要になってきます。
綿100%とポリエステル100%を含む繊維組成の異なる種々の市販肌着についての調査では、綿の割合が多いものほど吸湿性は高いが、逆に速乾性は低くなることが示されています。
綿100%とポリエステル(PE)100%の実験衣(ゆとりタイプと密着タイプ)を用いて、90分間の下肢温浴実験における体温上昇の研究では、PE密着タイプ→PEゆとりタイプ→綿ゆとりタイプ→綿密着タイプの順で体温が上昇しました(図)。

図.熱負荷中の体温変化に及ぼすポリエステル製と
綿製衣服の「ゆとり」と「密着」条件の影響
 
つまり、PE密着タイプが最も熱をこもらせない肌着となり、痒みを抑制できると思われます。また、綿密着タイプは最も熱をこもらせる肌着となるため、冷え性など人にとっては、良い肌着となります。では、アトピー性皮膚炎で冷え性の人はどの肌着が良いのかという問題が出てきますが、その場合は素材特性を理解して、個々人の目的に応じた適切な肌着を選択することになると思います。

6.痒みって伝染する?
「誰かがあくびをすると、つられてあくびをしてしまう」「会話している相手が笑ったら、自分も笑ってしまう」「食事中に相手が注文したものと同じものを自分も食べたく感じてしまう」など、無意識のうちに相手と同じ行動をしてしまうことがあります。このように他人の感情は、伝染することがわかっています。
そのメカニズムのひとつとして、私たちの脳に相手の意図や感情を自動的に察知するミラーニューロンシステムが備わっていることがあげられます。最近の研究では、痒みも伝染することが証明されており、この現象は「伝染性の痒み」と呼ばれ、健常人が掻破しているビデオや、昆虫の写真をみると痒みが誘発される、というものです。この傾向は、不安の強い、とくに神経症的傾向のある人に、より強く伝わりやすく、視覚的な刺激だけでなく、掻破している音を聴いただけでも、痒みが誘発されてしまうことがわかっています。
この伝染性の痒みは脳機能画像検査において、痒みを感じているときに活動する部位(島皮質、補足運動野、前頭前皮質、第一次体性感覚野)と同じ場所が、実際に活動が高まっていることが報告されています。また、アトピー性皮膚炎患者は健常人と比べて、さらに強い伝染性の痒みが伝達されることがわかっています。


この画像を見ていると痒くなりませんか?
おわりに
痒みは非常に不快な感覚で、増悪緩解因子は人それぞれに違いがあります。アトピー性皮膚炎などの慢性皮膚掻痒症の方は、複雑な要因によって日常的に強い痒みを感じています。ちょっとした工夫で痒みが少しでも楽にできれば良いと思います。
東洋医学研究所®及び東洋医学研究所®グループでは、全身調整を目的とした生体制御療法としての鍼治療を行っております。鍼治療を受けると、皮膚の色艶が良くなり、肌が潤ってきます。
是非、痒みを含めた皮膚にお悩みの方に鍼治療を受療されることをお勧めします。

引用・参考文献
・Visual Dermatology:痒み十人十色-がんこな痒みの仕組みと対処法-.第16巻11号.秀潤社.2017
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2019年12月 1日 日曜日

食べる順番は野菜からQ&A 東洋医学研究所®グループ  二葉鍼灸院 院長 山田 篤 令和元年12月1日号

〇よくある質問にお答えします
「食べる順番は野菜から(ベジタブルファースト)」という食べ方が浸透してきています(過去のコラムでも紹介しています)。この食べ方により、食後の急激な血糖値の上昇(血糖スパイク)を穏やかにすることで、良好な血糖コントロールが期待でき、効果を実感されている方も多いと思われます。
今回は「食べる順番は野菜から」についてよくある質問にお答えします。

〇どれだけ野菜を食べればいいのか?
「野菜を最初から食べるのはわかるけれど、どれだけの量を食べたら効果が出るの?」というご質問をよく頂きます。どれだけの量、という明確な答えはありませんが、ヒントはあります。
2016年の長崎女子短期大学紀要「食事の摂取順序による血糖値の影響(古賀克彦先生)」の報告1)の一つに、「白飯を摂取する前に摂取するサラダの量を変更した場合の血糖値の影響」があります。健常な女子大生(19~20歳)4名にレタス・トマト・キュウリ・キャベツにドレッシングを加えたサラダを、 ①サラダ150g→白飯150g 、②サラダ50g→白飯150g、 ③白飯150gのみの3パターンにおける食事摂取の順番についての血糖値の推移の調査を実施した結果はグラフAの通りになりました。
グラフA:白飯を摂取する前に摂取するサラダの量を変更した場合の血糖値推移
(長崎女子短期大学紀要 食事の摂取順序による血糖値の影響より改変)

ポイントは②のサラダ50gを摂取した場合は、③のサラダを摂取しない場合と同様に血糖値上昇は抑制されなかったことです。このことから、ある程度の食物繊維を摂取しないと食後の血糖値上昇抑制効果を得ることはできないことがわかります。
参考に、コンビニやスーパーでの袋入り千切キャベツが約100~150g、もやし1袋が約200gです。野菜の種類にもよりますが、なるべく沢山食べましょう。

〇野菜だけの料理はまずないのです
「大概の料理は肉など混ざっていて、野菜から食べることが難しい。一緒に食べてはいけないのでしょうか?」この質問もよくあります。
私自身も疑問に思っていたので持続血糖測定器を装着して試してみました。スーパーで売っている袋に入った野菜炒め用の野菜と豚肉小間切れMサイズを2つずつ買ってきて、野菜と肉を別々に炒めた①野菜炒め→肉→玄米、野菜と肉を一緒に炒めた②肉野菜炒め→玄米 の2パターンにおける食べる順番による血糖値の推移を調査しました。結果はグラフBです。

グラフB:野菜炒め→肉 vs 肉野菜炒め 血糖値推移

①の野菜と肉別々に炒めた方よりも、②の肉野菜炒めの方が血糖値上昇抑制効果は強いことがわかります。海外の似たような文献2)にも同様の結果になった報告があります。
このことから読み取れるのは、確かに食物繊維による血糖値上昇抑制効果はあります。しかし、肉や魚などの脂質やたんぱく質摂取による胃内滞留時間による血糖値上昇抑制効果の方が食物繊維よりも高いことを示しています。

〇食べる順番は最後に炭水化物!
2つの質問から食べる順番による血糖値上昇抑制効果を得るためには、野菜をたくさん食べること、肉や野菜も野菜と同様に最初から食べても可、ということになりますので、炭水化物を最後に食べること以外は食べる順番を気にしなくてもよいと考えています。
ただし、このことは食後の血糖値上昇抑制効果のお話です。大量の脂質や高カロリーの食事を続けていると生活習慣病や心不全、脳血管障害を引き起こす確率が上がりますのでご注意下さい。
運動や睡眠などの生活習慣と併せて、バランスの良い食事で楽しく生活していきましょう。

文献
1)古賀克彦.食事の摂取順序による血糖値への影響.長崎女子短期大学紀要.第40号.2016.70-4.
2)Shukla AP, Andono J, Touhamy SH, et alCarbohydrate-last meal pattern lowers postprandial glucose and insulin excursions in type 2 diabetesBMJ Open Diabetes Research and Care 2017;5:e000440. doi: 10.1136/ bmjdrc-2017-000440.
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2019年11月 1日 金曜日

笑門来福11 東洋医学研究所®グループ水野鍼灸療院 院長 水野 高広 令和元年11月1日号

子どもの笑顔って、最高ですよね。

鍼治療の凄いところは、年齢を問わずに治療できる事でしょう。

子供に鍼?と思われる方も多いと思いますが、当院ではゼロ歳から治療を開始することも珍しくありません。

鍼は、大人と違って刺すようなことはしません。擦るように鍼をします。とても気持ちがよく、治療中に眠くなってしまう子もいます。

調子の悪い子供さんは見るに堪えられず、胸がつまされる思いになりますが、治療を続けていくうちに、だんだん元気になって笑うようになります。

その時の笑顔が毎回忘れられません。

その子が大きくなって、当院に遊びに来たり、進学、就職などの報告に来てくれることもあります。

アトピー性皮膚炎などは、見た目も痛々しく本人もさることながら、両親、おじいちゃん、おばあちゃんもとても悲しい気持ちになります。
それがだんだんきれいになっていくと、子供もよく眠れるようになることもあって、元気いっぱいになってきます。当然、お父さん、お母さんの笑顔も増え、子供の肌に触れられることの喜びを感じ、子供も触れられることが気持ちいいのでどんどん症状が改善していきます。

このNちゃんは、かなり重症でしたが、2年程の治療でとてもきれいになりました。


 

 

最初は、シャツも肌に引っ付いて脱がすのも大変で、ベッドにも滲出液と血がかなりついている状態でした。

治療を重ねるうちに元気に飛び跳ねるようになり、大きな声で歌うようになったり、とても上機嫌で治療を受け続けてくれました。
保育園でもとても元気で、プールに入れるようになったことも精神的にとてもよかったようです。
みんながプールに入っているのを横目に見ながら指をくわえてみているのは、とてもつらく悲しいことだったと思います。
お肌がきれいになってくるにつれ、お母さんとおばあちゃんはNちゃんにほおずりして喜んでいました。
この瞬間は治療家として至福の時です。

現在でも時々症状がひどく出ないように治療に来てますが、お肌もスベスベで触り心地がとてもいいです(笑)。
そして、幼稚園に上がったNちゃんは、園内でも一番元気で、楽しく過ごしているようです。
ほんとに子供の笑顔って周りの人を幸福にして世界を明るく照らします。
 
   
 
最後に、この様な重症のアトピー性皮膚炎をここまで回復させてくれる鍼治療を教えてくださった師匠の黒野保三先生には、とても感謝しております。
これからも、もっとたくさんの笑顔で世界を明るく照らす手助けがずっとできるように頑張っていきたいと思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2019年10月 1日 火曜日

第72回世界保健総会(WHO)において、国際疾病分類ICD-11に伝統医療(鍼灸や漢方薬など)を新たに導入することが採択されました 東洋医学研究所®グループ  井島鍼灸院 院長 井島 晴彦 令和元年10月1日号

はじめに
2018年1月9日の産経新聞は、「漢方薬や鍼灸など(伝統医療)をWHOが認定へ」という見出しで、漢方薬や鍼灸など日本や中国の伝統医療が、2018年の6月に開催される世界保健機関(WHO)の総会で認定される方針であることを報じました。具体的には、国際的に統一した基準で定められた疾病分類である「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学の章が追加され、100年以上、西洋医学一辺倒だった世界の医療基準の転換点となるとともに、中国と異なり独自に発展してきた日本の伝統医療の再評価につながるというものでした。
関係者によると、WHOが伝統医療に注目したのは、同機関で扱う医療の統計が西洋に偏り、伝統医学での治療に依存しているアジアなどでほとんど統計が取られていないとされる「情報格差」を埋めることが目的であるということでした。
その後、2018年 6 月の世界保健総会でICD-11が公表され、2019年 5 月に採択されました。
今回はICDとは何か、そしてICD-11の開発経緯について紹介させて頂きます。

ICDとは
「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(以下「ICD」と略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき,世界保健機関(WHO)が作成した分類であり、WHO国際分類ファミリーにおける「中心分類」の一つです。
ICDは1900年(明治33年)に国際会議で初めて採択され、当初は死亡統計の分類として使用されていましたが、時代のニーズに応えて疾病統計等へ視野を拡大して改訂を重ねてきました。我が国でも1900年からICDを採用し運用を行っており、現在では、ICD-10に準拠した「疾病、傷害及び死因の統計分類」を作成し、統計法に基づく統計基準として告示改正を行い、2016年より人口動態統計や患者調査等の公的統計に使用しているほか、医療機関における診療録の管理等に活用されています。

ICD-11の開発経緯
ICD-10改訂から約30年経ち、時代が要請する様々なニーズに応えていくため、2007年からICD-11の開発が開始されました。2016年に東京で開催されたICD-11改訂会議において加盟国レビュー用のICD-11案が公表、多くの診療情報管理士の協力も得ながらフィールドテストを進め、2018年 6 月のICD-11公表を迎えました。この公表を受けて、加盟国は自国の適用へ向けた準備を開始し、2019年 5 月世界保健総会で採択されました。
ICD-11の特徴の1つとして、漢方薬や鍼灸など日本や中国の伝統医療が、新たに導入されました。日本の漢方は古代中国に起源があるものの、西洋医学と融合し、中国とは運用方法や処方の作り方も異なるなど独自の発展を遂げました。鍼灸も奈良時代に漢方とともに伝えられ、「日本の医療」として進化しました。
ICDの作成にも携わった千葉大学の並木隆雄診療教授(和漢診療学)は「WHOに公式に認められれば、日本の伝統医療の地位向上に役立つ。科学的な調査のもと、漢方の有効性も検討でき、成果は国民に大きく還元される。」と話されています。
 

おわりに
アメリカ・ドイツ・中国に代表される世界の国々では、鍼治療の研究が盛んに行われ、医療の現場に積極的に取り入れられるようになりました。そのような世界的な流れの中で、ICD-11に伝統医療を新たに導入することが採択されたと考えられます。そしてこの流れは、昨年からNHKの「ガッテン」などで鍼灸治療が何度か取り上げられたように日本にも押し寄せています。
東洋医学研究所®の黒野保三所長は、鍼灸の地位を高めたいという情熱を持ち続け、昭和35年から鍼灸医学の基礎研究・臨床研究によって鍼灸診療を行ない、多くの研究を積み重ねてこられました。そして、伝統ある鍼灸医学の真髄を基盤とし、東西両医学の提携により治療の完璧を期すると共に、学会などの組織の拡充、人材の育成にも努めてこられました。
東洋医学研究所®及び東洋医学研究所®グループは、黒野保三所長の理想とする「東洋医学と西洋医学の長所を融合した長寿社会の全人的医療」を実践させて頂く好機を迎えたと感じます。
是非、この機会に健康に関するご相談を東洋医学研究所®及び東洋医学研究所®グループにお寄せ下さい。

引用・参考文献
1)産経ニュース:漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へ
https://www.sankei.com/life/news/180109/lif1801090004-n1.html
2)森桂:ICD-11国内適用の展望. 厚生労働省政策統括官(統計・情報政策、政策評価担当)付 参事官付国際分類情報管理室 日本WHO国際統計分類協力センター
http://www.who-fic-japan.jp/img/events_attended/report_who_japan_forum2018/03_04.pdf
3)ICD-11の概要:第7回社会保障審議会統計分科会疾病、傷害及び死因分類部会資料. 
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000342700.pdf
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2019年9月 1日 日曜日

女性に多い骨粗鬆症を何とかしたい 東洋医学研究所®グループ  福田鍼灸院 院長 福田 裕康 令和元年9月1日号

はじめに
骨粗鬆症の患者数は推計1280万人に及び、高齢化の進行により更なる増加が見込まれています。
骨粗鬆症の怖さは、圧迫骨折を起こしやすくなるところにあります。圧迫骨折とは、骨がもろくなってしまったことが原因で背骨が押しつぶされるように変形してしまう骨折のことです。さらに怖いことに、骨折したまま放置しておくと、数週間から数カ月かけて徐々に押しつぶされた背骨が脊髄を圧迫して、麻痺症状が出ることがあります。たとえば足が動かなかったり、また、お腹が圧迫されて逆流性食道炎や心肺機能の低下などにつながることや、関係がないと思われるかもしれませんが、トイレがちかくなったり、逆に排尿の感覚がなくなることがあります。重症化すると寝たきりの原因にもなり、認知障害への第一歩を踏み出してしまうこともあります。
それでは、この骨粗鬆症はなぜ女性に多いのか、探ってみましょう。

なぜ女性に骨粗鬆症は多いのか?
患者における女性の比率は男性の3倍以上であります。骨粗鬆症の発症リスクは成長期に獲得できる骨量(骨密度)ピーク値に依存しますが、その値は女性は男性よりも低いことが知られています。骨量ピーク値が男性の方が高いのは、骨自体の性差に加えて、男性は女性に比べて体格がいいので骨格筋量および運動量に依存した骨循環の活性化が高く、結果として骨代謝が促進されているからです。
年齢を重ねるとともに男女に共通する骨量減少があります。これだけであれば男性も女性と同様に骨粗鬆症を発症するはずです。しかし、女性では閉経後の女性ホルモン低下により骨の新陳代謝バランスが崩れ、骨量の減少が加速すると考えられているため、より多くの骨粗鬆症が発症します(図1)。
骨粗鬆症の原因は骨形成と骨吸収の不均衡にありますが、骨代謝維持のためには、他の臓器・組織と同様に代謝需要に見合う血流の維持が不可欠です。女性ホルモンは血管を広げる作用や抗動脈硬化作用をもっているので、閉経後の骨粗鬆症を悪化させる原因として骨循環障害の存在が示唆されます。他にも、性差以外の危険因子である加齢、メタボリック症候群、生活習慣病が血管機能障害を伴うことから、骨粗鬆症は全身の血のめぐりが悪いことの一面として現れている可能性が大きいことが考えられます。

動物実験からわかった骨の血流
骨密度を増やすには運動がいいことはわかっています。では、運動をさせると骨の血流はどうなるでしょう。骨密度を増やす方法として推奨されるレジスタンストレーニングを足に10週間施したモルモットにおいては、足を曲げる力が増え筋肉が疲労しにくくなったことに伴って骨の一番外側にある血管が広がりやすくなり、多くの血流を送ることができました。これは、運動による骨血流増加を示唆しており骨代謝が促進される可能性を示しました。この骨膜動脈は骨の外側の血流であるため、特に成長期の骨形成や骨修復において重要な役割をしていると考えられます。
一方、骨代謝を促進して骨密度を維持する上では、骨の深いところまで入っていく栄養血管といわれる血管が重要な役割を担っています。そこで、骨膜血管と栄養血管が縮まる力を比較検討したところ、栄養血管では、普通の血管ではない特別な伝達物質であるセロトニンが関与している可能性がでてきました。少し話が飛びますが、セロトニンが関与する病気としてうつ病があり、これが女性の方の罹患率が多いことや、治療薬であるセロトニンを阻害する薬は女性の方が効きやすいという報告があります。
これらのことを考えると、まだ推測の域ではありますが、女性の骨粗鬆症には骨に送られてきている栄養血管の血流が大事であり、まだ解明されていない男性とは違った制御が存在する可能性があります。 

おわりに
鍼治療は血流を良くすることは良く知られています。また、骨粗鬆症をもちながらも骨折もなく健康を保てる患者さんもたくさんおられます。骨の血管動態の解明と東洋医学研究所®に積み上げられた研究業績から、高齢化に伴う鍼治療の有効性がはっきりとしてくると思います。今後に期待してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

月別アーカイブ