• 膨大な臨床鍼灸の研究実績
  • 91.9%の効果を実証
  • 早い・短い痛くない治療

コラム

2019年1月 1日 火曜日

長寿社会を健康で長生きに暮らすために良い生活習慣と鍼治療を 東洋医学研究所®所長 黒野 保三 平成31年1月1日号

謹賀新年
皆様におかれましてはお健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。今年は改元の年でもあり、皆様の益々のご健勝を心より祈念申し上げます。
2017年の日本人の平均寿命は女性が87.26歳(香港87.66歳に次いで2位)、男性が81.09歳(香港81.70歳、スイス81.50歳に次いで3位)といずれも過去最高を更新しました。
また、センテナリアン(100歳を超えた人)は1963年の調査ではわずか153人でしたが、2017年には6万7,824人にまで増加しました。センテナリアンの女性が占める割合は87.5%を超えており、約9割近くが女性です。


 
さて、健康寿命とは、「医療や介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間の平均」を指します。厚生労働省の専門委員会が公開している2016年の全国の健康寿命は、男性が72.14歳、女性が74.79歳でした。平均寿命と健康寿命の差は、男性は8.84年、女性は12.34年であり、日常生活に制限のある期間はそれだけ長いのです。健康寿命を伸ばすことが、老後の生活にとって重要な要素であることがわかります。
2017年の3大死因は、1位は悪性新生物(がん)で全死因の27.9%、2位は心疾患で全死因の15.3%、3位は脳血管疾患で全死因の8.3%であり、がんで死亡した人は37万3,334人(男性22万398人、女性15万2,936人)でした。
1970年代のがん医療は、まだ旧態依然とした状況でありましたが、1980年代以降には大きな進歩がみられ、基礎分野では、がん発生のメカニズムの一端が明らかにされ、がん予防分野でも喫煙や感染症対策が進み、科学的根拠に基づくがん検診が推奨されるようになりました。
がん診断分野では、上部・下部内視鏡、CTスキャン、血管造影、MRI、超音波断層、腫瘍マーカーなど新しい診断技術の導入が進み、がん治療分野でも、内視鏡手術、体腔鏡手術、ロボット支援手術などの患者負担が少ない手術法が普及し、放射線治療や粒子線治療では高精度照射が追求され、薬物療法では、分子標的薬や免疫治療薬の開発とともに、術前術後補助薬物療法による治癒率の改善も図られるようになりました。
1980年代以降、がんの告知が一般化し、それに伴いインフォームドコンセントが普及し、患者がセカンドオピニオンを求める機会も増しました。国民は現在も「がんは不治の病」という意識が強いので、告知により患者・家族の悩みや負担はより一層重いものとなります。患者に優しい医療技術の普及と患者・家族支援が必要であります。
今後は、社会の人々や医療関係者が、がん患者・家族に向き合い、心の通う対話を通じて、真の意味での全人的医療と患者・家族支援をおこなわなければならないと思います。
(※ 新しいがん免疫療法を開発した本庶佑京都大学特別教授は2018年のノーベル医学生理学賞を受賞されました。)
また、長寿社会が直面する問題として認知症があります。認知症とは「一度正常に発達した認知機能が後天的な脳の障害によって持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障を来すようになった状態」を指すものです。厚生労働省が実施した認知症の全国調査では、2012年時点での全国の患者数は約462万人と推計され、2025年には約700万人(高齢者の約20%が何らかの認知症を有する)に達すると予測されています。
久山町研究によって明らかになっている認知症の危険因子は高血圧、糖尿病、喫煙であり、認知症の防御因子は運動習慣と、大豆・大豆製品、野菜、藻類、牛乳・乳製品、果実、芋、魚、卵の摂取量が多く、米、酒の摂取量が少ないという食事パターンを有する人でした。
加齢に基づく認知症の発症リスクは生活習慣病の予防や生活習慣の是正によって軽減できることが示唆されました。
私は30歳(1960年)の時から今日まで、東洋医学(鍼灸医学)が予防医学を本旨とし、1次予防(病気になる前の健康者に対して、健康の増進を図って病気の発生を防ぐ)、2次予防(病気になった人にできるだけ早期治療を行い、病気の進行を抑え、病気が重篤にならないように努める)、3次予防(病気が進行した後の後遺症治療、再発防止、残存機能の回復・維持をはかる)に適した医療であり、人の健康を維持するために、いかなる状態においても的確に対応できる医療であることに魅せられて、研究(臨床・基礎)、学会活動、弟子の育成に邁進してきました。
昨年6月にWHOの国際疾病分類第11回改訂版(最新版)に伝統医学(漢方・鍼灸)が追加され、今年の5月の世界保健総会にて採択されることが公表されました。100年以上西洋医学一辺倒であった世界の医療基準の大きな転換であり、古代中国を起源として日本や中国、韓国等に広がった東洋医学(漢方・鍼灸)が医学・医療として認められたことを意味しております。このことは私が長年念願してきたことであり、心より喜ばしく思います。
私は東洋医学の人の生命力(自然治癒力)を増強する人に優しい医療と、日進月歩する西洋医学の長所を融合することが長寿社会の全人的医療となることを確信しております。
私ごとですが、お蔭様をもちまして健康で90歳(卆寿)を迎えることができました。本年も「病気にならない体を作りましょう。健康で長生きできる体をつくりましょう。」を目標にして、皆様の健康維持のお役に立ちたいと願っております。

文献
○山口建(2018).国民・患者・家族の視点を重視したがん対策 月刊新医療,第45巻第11号,15.
○二宮利治(2018).認知症の危険因子と防御因子 日本医師会雑誌,第147巻・特別号(2),280-2.
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2018年12月20日 木曜日

平成30年のコラム

東洋医学研究所®コラムバックナンバー

平成30年1月号
チュージング・ワイズリー「賢明な選択」 東洋医学研究所® 所長 黒野保三

2月号
笑門来福10 東洋医学研究所®グループ みずの鍼灸療院 院長 水野 高広

3月号
糖の種類によって吸収時間は違う 東洋医学研究所®グループ 二葉鍼灸院 院長 山田 篤

4月号
ステロイド外用が誘発するかゆみ 東洋医学研究所®外部主任 中村 覚

5月号
「からだが硬い」を改善しよう 東洋医学研究所®グループ 二葉鍼灸療院  院長 河瀬 美之

6月号
睡眠の質を高め認知症を予防しよう 東洋医学研究所®グループ 二葉鍼灸療院 院長 皆川宗徳

7月号
関連痛について -脳は「内臓の痛み」を「皮膚・筋肉の痛み」と勘違いする-  東洋医学研究所®グループ 二葉はり治療院 院長 甲田久士

8月号
上半身肥満(内臓肥満)が引き起こす心疾患とその予防 東洋医学研究所®グループ 伸誠鍼灸院 院長 加納 俊弘

9月号
デトックスと免疫力 東洋医学研究所®グループ 海沼鍼灸院 院長 海沼 英祐

10月号
運動による疲労(1)ー乳酸に関することー 東洋医学研究所®グループ 二葉鍼灸療院 院長 田中 良和

11月号
40代から始める認知症予防 東洋医学研究所®グループ いちえ鍼療院 院長 内藤 真次

12月号
アレルギーマーチについて   東洋医学研究所® グループ 主任 橋本 高史
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2018年12月 1日 土曜日

アレルギーマーチについて 東洋医学研究所® 主任 橋本 高史 平成30年12月1日号

はじめに
近年ますます増加傾向にあるアレルギー疾患は、幼少期においても例外でなく、低年齢児にも及んでいます。最も低年齢で起こりやすいとされる食物アレルギーやアトピー性皮膚炎、その後に起こる上気道のアレルギー疾患であるアレルギー性鼻炎や下気道のアレルギー疾患である気管支喘息へと年齢を重ねるにつれ標的器官を変えて、もしくは合併して起こります。
今回は、アトピー素因を持って生まれた子供が成長と共に臓器・病態を変えながら様々なアレルギー疾患を発症していく「アレルギーマーチ」についてお話させて頂きます。

アレルギーマーチ
アレルギーマーチとはアトピー素因のある小児にアレルギー疾患が次から次へと発症してしまい、年齢とともに、症状が変化していくことを言います。
実際には、親から遺伝によってアレルギーになりやすい体質を受け継いだ子どもが、食物アレルギーから発症し、アトピー性皮膚炎や湿疹→気管支喘息→アレルギー性鼻炎や結膜炎と、乳児期から学童期へと年齢とともに疾患が変化していく様子を行進(マーチ)に例えて呼んだものです(図)。
最近ではアレルギー疾患発症の低年齢化とアレルギーマーチとしての疾患発症順序が変化してきているとの報告も見られますが、アレルギーマーチが提唱され始めた時代からは少々変わってきているようです。また、アトピー性皮膚炎や小児喘息寛解後の成人での再燃の増加、アレルギー性鼻炎の発症の低年齢化などもみられ、アレルギー性鼻炎についてみれば、様式図では発症は10歳前後になっているものの、最近は喘息の発症に先行することも少なくない状況です。


   
図 アレルギーマーチの模式図

アレルギーマーチの原因
アレルギー疾患は、遺伝因子と環境因子が複雑にからみあい発症していくものです。
遺伝因子には親御さんがアレルギー体質であることと、子供の成長による要因があります。生まれたばかりの子供は、免疫系や臓器が未発達であり、成長に応じて影響を受けるアレルゲンも変化していきます。そのため、アレルギーの症状も次々変化していくのです。
また、環境因子は外部からの影響のことを指し、食物やハウスダストなどのアレルゲンへの接触、大気汚染、ウイルス感染などがあります。成長すると子供の行動範囲が広がること、食事内容が変化することによって、接触するアレルゲンも多くなります。

アレルギーマーチの対策
遺伝的に発症リスクの高い小児は、アレルギー疾患の予防のために、ダニ・ほこりなどのアレルゲンを除去するための環境整備や、手洗い・うがいといったセルフケア、基礎体力をつけるべく運動を心がけて下さい。また健康的な食生活を心がけること、しっかりと睡眠をとることも重要です。
しかし、アレルギー疾患の発症にはさまざまな要因があり、生活の中からそのすべてをとり除くことは非常に困難です。またアレルギー疾患の発症には小児自身の要因も関係していることから、アレルゲンの除去は必ずしも発症予防につながるわけではありません。アレルギー疾患の発症にできるだけ早く気づくことと、適切な治療と管理により症状をコントロールしていくことが重要です。
また一方では、心身が大きく変化することで、成長によってアレルギー疾患が自然寛解することもあります。

アレルギー疾患と小児に対する鍼治療
東洋医学研究所Ⓡでは、小児のアレルギー疾患に対する鍼治療の有効性を検討しました。
昭和56年5月~平成15年10月の22年間に東洋医学研究所Ⓡ・東洋医学研究所Ⓡグループに来院し小児鍼を受けた8歳以下の患者のうち、アレルギー症状のあった38例を対象としました。追跡調査の結果、アトピー性皮膚炎や小児喘息、アレルギー性鼻炎などの症状の改善(改善率86.8%)が認められました。このことから小児鍼はアレルギー疾患の愁訴に有効な治療法であることが明らかになりました。
アレルギー症状が次々と発症してしまうアレルギーマーチにおいて、その流れを食い止めることができれば発症予防や進展阻止につながるのではないかと考えます。

おわりに
今回はアレルギーマーチについてお話させて頂きました。次回はアレルギーマーチの起点である食物アレルギーについて掘り下げてお話していきたいと思います。
子供さんには、体力をつけるために、散歩など体を動かすことや手洗い・うがいなどのセルフケア、そしてアレルギーのある子供さんには「小児鍼」での治療によってアレルギーマーチを断ち切ることや予防が大切であると考えます。
東洋医学研究所Ⓡおよび東洋医学研究所Ⓡグループの生体制御療法の鍼治療にて全身を調整することは症状の軽減や緩和、寛解に効果があります。アレルギー疾患でお悩みの子供さんに、鍼治療をおすすめします。

引用参考文献
・荒川浩一.アレルギーマーチを断つ.医薬ジャーナル社.2016
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2018年11月 1日 木曜日

40代から始める認知症予防 東洋医学研究所®グループ  いちえ鍼療院 院長 内藤 真次 平成30年11月1日号

はじめに
最近、東京大学など38の研究機関が日本人を対象にした調査でまとめた「認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の6割が3年以内に認知症を発症する」という研究結果が、アメリカ誌に発表されました。軽度認知障害とわかったとしても、半分以上が3年以内に認知症を発症するということです。
では、認知症を治す薬はどうかというと、根本的な治療薬は登場していません。世界初の認知症治療薬として、1997年にアメリカで発売が開始されたアリセプト以降、現在に至るまで20年以上たってもまだ開発できていないのです。それどころか、世界中の製薬会社が次々と認知症の治療薬の開発から撤退しています。これだけ聞くと、患者さんやそのご家族は絶望的に感じるかもしれません。いまの認知症に対する一般的なイメージは「なったら治らない」というものでしょう。
ところが、アメリカではこの常識をくつがえす画期的な治療法が話題になっています。アルツハイマー病など神経変性疾患の世界的権威であるデール・ブレデセン博士が考案した「リコード法」で、「9割の症状が改善」「500人以上が回復」など、患者さんにとっては希望となる数字が報告されています。
物忘れが始まるのは早ければ40代くらいからです。40代から少しずつ症状が進行していき20~30年かけて広がっていくのです。60代を超えて、明らかな症状が出てきたときにはすでに手遅れです。アルツハイマー病を予防したいのであれば40代から生活習慣を見直すことが必要なのです。

そこで今回、認知症予防策として日常生活を改善するいくつかの方法をご紹介します。
 
3つの原因と36の要因
アルツハイマー病は、炎症が起こったり、栄養不足に陥ったり、毒物が蓄積することにより、脳がダメージを受けて認知機能が低下していきます。ブレデセン教授は「炎症」「栄養不足」「毒物」による認知症の要因を「屋根にあいた36個の穴」にたとえています。雨漏りする屋根を放置すれば雨水が家の中にどんどんたまります。同じように、36の要因を放置していると、認知機能が徐々に低下して認知症へと進んでしまいます。ブレデセン教授が示す36の要因は、むずかしい医学用語が多いので割愛しますが、わかりやすいものをいくつか図1にてご紹介します。



薬ではすべての穴をふさげない
アルツハイマー病はたくさんの原因があり、アミロイドβをどうにかすることで治る病気ではないとブレデセン教授は断言しています。一錠の薬は穴のひとつかふたつをふさぐことはできるかもしれませんが、すべての穴はふさげません。それぞれの穴をふさぐ、こまやかな対処が必要なのです。穴をすべてふさぐことだけではなく、小さくすることでも改善できます。そして修復できる穴の数が多いほど認知機能が回復する可能性が広がります。(図2)


認知症予防のカギは「ケトン体」
アルツハイマー病の脅威である「炎症」「栄養不足」「毒物」の多くは食事由来ですので、予防の中心は食事の改善になります。アルツハイマー病は高インスリンと高血糖が最も重要な危険因子となります。
アルツハイマー病は、インスリン抵抗性が高いか、もしくは脳のインスリン濃度が低く、神経細胞がブドウ糖をエネルギーとして利用できなくなっています。この場合、ブドウ糖以外のエネルギー源を脳に送ると認知機能が改善します。
ここで活躍するのがケトン体です。これまで脳がブドウ糖しかエネルギーとして利用できないとされてきましたが、ケトン体も脳をはじめ生命活動のエネルギー源として利用できることが分かっています。更に、エネルギーが作られるときに老化や病気をもたらす燃えカスがでません。ケトン体そのものに強い抗酸化作用があり、動脈硬化予防、認知機能アップなど、健康長寿の強い味方となります。
ケトン体は、中鎖脂肪酸や体内にため込まれている脂肪からつくられるため、中鎖脂肪酸を食事でとることや糖質の摂取量を抑え絶食することで、体内のケトン体が合成されます。
逆に、睡眠不足、ストレス、運動不足は血糖値が上がりやすく、ケトン体がスムーズに作られなくなってしまいます。

運動で海馬の神経細胞が増える
運動が認知機能の低下を抑制することは多くの研究で明らかになっています。運動を最も効果的な脳トレという研究者もいるほどです。アメリカのピッツバーグ大学で行われた55~80歳の男女を対象にした研究では、有酸素運動で海馬の神経細胞が増えたことがわかりました。運動には、インスリン抵抗性を改善する、脳の血流をよくする、ストレスを軽くする、熟睡できる等、アルツハイマー病予防に役立つ効果が沢山あります。
また、ハーバード大学医学部は、太極拳を「動く医療」として紹介するなど、太極拳の医療効果が注目されています。太極拳は体重移動を意識しながら、関節と筋肉を同時に動かすことで運動器官、感覚器官、心肺機能を同時に高めます。

睡眠は脳のデトックス時間
最近の研究で、アミロイドβなど脳にたまった老廃物は睡眠中に洗い流されていることが分かりました。睡眠は脳の掃除をする大事な時間だったのです。ワシントン大学で行った調査では、よく眠れている人ほどアミロイドβの蓄積が少なかったそうです。
睡眠時間が短いと脳が委縮するスピードが速く認知機能の低下も進みやすいので、睡眠不足がそのままアルツハイマー病に直結すると言ってもいいくらいです。
朝すっきり目覚めて、日中に強い眠気に襲われなければ睡眠時間は足りています。眠っても疲れが取れない、日中に強い眠気を感じる、イライラしやすいといった場合は睡眠が不足しています。

毎日ご機嫌で過ごそう
過度なストレスも脳の大敵です。ストレスがかかっているときは、神経細胞からアドレナリンやドーパミンといった神経伝達物質が出ているのですが、これらが多くなりすぎると神経細胞のネットワークが低下することが分かっています。
また、ストレスを受けた時にはコルチゾールというホルモンが分泌されているのですが、一定量を超えると脳にダメージを与え、委縮してしまいます。ストレスは脳を老化させる大敵なのです。100歳を超えて元気に過ごしている方はみんな楽しそうに生きていてストレスと無縁な人ばかりです。嫌なことはすぐに忘れてしまうポジティブな忘れっぽさで、ストレスをためないようにしましょう。

口腔ケアで認知症予防
認知症の治療になぜ口腔ケアが必要なのか不思議に思われるかもしれませんが、最近の研究で口の中の細菌バランスが腸内の細菌バランスに大きな影響を与えていることが分かりました。腸内環境を整えるには、まず口腔ケアが重要なことが分かったのです。口腔ケアの基本は歯磨きです。起きた時(朝食の前)と食後に歯を磨きましょう。起床後は口腔内の病原菌が増えているので食事の前にも歯を磨くようにしましょう。

おわりに
認知症は、明確な症状が初めから現れるわけではありません。代表的な認知症のアルツハイマー病は、診断を受ける15~30年前の40代頃にひっそりとはじまるのです。怖いのは、自覚症状がないまま、静かに病状は進行していくことです。当然本人も家族も気付きようがありません。
40代から徐々に進行している認知症の要因を「できるだけすぐに」「できるだけ多く」排除し、良い生活習慣に切り替えてしっかりと認知症予防をしましょう。この機会に、日頃の生活を見直してみてはいかがですか?

引用文献
・白沢卓二:アルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる.2018.8.主婦の友社
・デール・プレデセン:アルツハイマー病 真実と終焉.2018.3.ソシム 
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2018年10月 1日 月曜日

運動による疲労(1)ー乳酸に関すること ー東洋医学研究所®グループ  二葉鍼灸療院 院長 田中 良和 

スポーツを行う、旅行で遠い距離を歩く、山登りなど長時間継続する運動や、きつい運動を行った後に疲労を感じた経験はあるのではないだろうか。そして、「ああ、乳酸が溜まっている」と言葉に出したり、思ったりしたこともあるのではないだろうか。
さて、それは「疲労」に対して正しい考え方なのだろうかということを今回は説明していきたいと思う。

◇ 乳酸に関すること
~筋肉での話~

運動は、筋肉に蓄えられているエネルギーや糖質また脂質と酸素を利用し、運動強度にあわせてうまく体が調整してエネルギー産生が行われる。運動がきつく、筋肉に蓄えてあるエネルギーでは対応できない時に糖質が利用される(解糖系)。その時の代謝産物として乳酸が放出される。また糖質により得られたエネルギーは筋肉の中でも強度の高い運動に対応する速筋線維で利用される。
運動時、エネルギーをつくる際はATPという物質をどれだけ作るか、貯めておくかということが重要となり、そのATPをADPに分解する時にエネルギーが発生する。

乳酸が放出された時の筋肉の状態をみるとpHが低下してアシドーシスの状態(酸性に傾いている)となっている。このような状態と疲労を感じる体の状況の中で、これまで「乳酸が生成されるとpHが低下し、筋が発揮する張力が低下する」「この蓄積が疲労の原因である」と信じられてきた。
しかし近年の研究によれば、乳酸やアシドーシスは疲労には問題にならない、あるいは逆に筋肉活動に対し保護作用があることが明らかにされつつある。
その理由として
① 乳酸は放出された後、乳酸塩という物質となり遅筋線維や心筋で利用される。
② 乳酸は30分から1時間以内には筋肉細胞内には存在しなくなる。
③ 筋肉のアシドーシスはATPがADPに分解される際つくられる水素イオンによるところが大きく、乳酸はこの分解速度を高める作用がある。
④ 水素イオンは筋肉のミトコンドリアが取り込んで再利用するが、運動が激しいとその機能が追いつかなくなりアシドーシスの状態になる。
と考えられている。

乳酸は運動を行う限り必ず放出される。乳酸は再利用されるという観点からも一元的な疲労物質でないことがわかる。
ただ乳酸性作業閾値(LT:Lactate Threshold)というものがあり、乳酸の産生がある限界点を越えると一気に増える=「運動がきつくなる」という状態となる。これはただ運動強度が増加しただけであり、乳酸を運動強度の指標にすることができるという話である。

~脳での話~
近年の研究では、脳神経細胞が急激な活動などでエネルギーを緊急に必要とする時は血中などからのグルコースでは間に合わずに乳酸を使うことが明らかになってきている。
そのシステムは「血中乳酸をアストロサイト(グリア細胞)が取り込む→神経細胞に供給→神経細胞が利用。また、アストロサイト貯蔵グリコーゲン→解糖系でエネルギーとともに乳酸産生→神経細胞のエネルギーとして利用する。」となっている。

運動を行うと乳酸は出るが、それは筋肉・心臓・脳においてエネルギーとして再利用されることが近年の研究で明らかになっている。乳酸は疲労とは関係がある可能性はあるが、「疲労物質ではない」ということが分かる。
次回は、これを踏まえて疲労について考えていきたい。


参考文献
・八田秀雄著:エネルギー代謝を活かしたスポーツトレーニング.講談社.2006.2.
・和田正信など:筋収縮における乳酸の役割体育学教育51.2006.
・征矢英昭など:筋疲労の原因は脳内貯蔵エネルギーの減少-疲労を伴う長時間運動事の脳グリコーゲン減少とその分子基盤の一端を解明-.筑波大学.2011.
・渡辺恭良:疲労の分子神経メカニズムと疲労克服.大阪市立大学大学院医学研究科・システム神経科学
・梶本修身:解明されてきた現代における「疲れ」の原因.大阪市立大学大学院医学研究科 疲労医学講座 特任教授
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ