• 膨大な臨床鍼灸の研究実績
  • 91.9%の効果を実証
  • 早い・短い痛くない治療

コラム

2020年8月 1日 土曜日

お天気と体の関係(4)自律神経を整えるには? 東洋医学研究所®グループ  かどむら鍼灸院 院長 角村 幸治 令和2年8月1日号

8月は夏真っ盛り。こよみの上では8月8日に立秋を迎えますが、まだまだ冷房や暑さ対策が必要な季節です。冷房は暑い時につけると気持ちのいいものですが、外気温との差が激しくなるため、自律神経が乱れやすく注意が必要です。
また、今年はコロナ禍によるストレス、外出自粛による運動不足や精神的に不安定で体調を崩し気味の方も多いのではないでしょうか。
前回のコラムでは、「激しい寒暖差は自律神経失調を起こしやすい」ことをお伝えしました。今回は、自律神経を崩してしまった場合、どのような対処が必要かを少し話したいと思います。

自律神経失調症と症状
自律神経失調症とは、ストレスなどが原因で自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れてでる様々な症状をいいます。
自律神経は、交感神経と副交感神経に分かれています。交感神経は主に体を動かすときに働き、副交感神経は体を休めるときに働きます。交感神経と副交感神経はお互いにバランスを取りながら体を調節していますが、このバランスが崩れることがあります。その原因としては、不規則な生活、ストレス、睡眠不足、更年期におけるホルモンの乱れなどが挙げられます。
症状としてだるい、眠れない、疲れがとれない、頭痛、動悸や息切れ、めまい、のぼせ、立ちくらみ、下痢や便秘、冷えなどがあり、人によって様々で多岐にわたります。
精神的症状として、情緒不安定、イライラや不安感、うつなどの症状が現れることもあります。

適度な運動で自律神経を整える
日中は体を動かすために交感神経が優位になり、夜は体を休息させるために副交感神経が優位になります。理想は、日中に体を動かして、しっかりと交感神経を高め、夜はリラックスしてしっかりと副交感神経を高めることです。
散歩などの有酸素運動は、朝、交感神経のスイッチを入れるのに適しているので習慣的に行うことをお勧めします。ゆっくりと呼吸をしながら行うストレッチは、副交感神経を優位にして、心身をリラックスモードに導きます。
日々習慣的に運動をすることで、自律神経が乱れにくい体を作ることができ、乱れた自律神経を元に戻すことをしてくれます。

睡眠の質を高めて自律神経を整える
睡眠は脳が活動しているレム睡眠と、脳の活動が低下する深い睡眠状態といわれるノンレム睡眠に分けられます。良い睡眠をしっかりととることで、疲れた体と心をしっかりと回復させて、自律神経を整えることができます。
良い睡眠をとるコツは一番深いノンレム睡眠になる最初の90分をしっかりと深い眠りにすることです。
良い睡眠をとるためには、入眠前にリラックスして、強い刺激を受けないことが大切です。寝る前のスマホやゲームは強い光で交感神経を高めてしまいます。早めにやめて、自分がリラックスして、ゆっくりした気持ちになれることをすることをお勧めします。
好きなこと、リラックスできることは人それぞれですが、お勧めは、スマホをする代わりに好きな音楽を聞くことや、好きな本を読む、好きなアロマを焚くなどです。

自分なりのリラックス法で自律神経を整える
コロナ禍など、世の中、いろいろなことが起こり、ストレスなどで自律神経が乱れがちです。ストレスなどで交感神経が過剰になる前に、普段から自分に合ったリラックス法をすると自律神経が乱れにくい体になります。散歩などの有酸素運動の他、ヨガや呼吸法、瞑想など、自分の好きなことをみつけ、リラックス時間を1日のうち、少しでももつことをお勧めします。

鍼治療は自律神経を整える
東洋医学研究所®所長黒野保三先生の長年の研究により、生体制御療法の鍼治療により自律神経が整うことがわかってきています。いろいろやってみてもなかなかうまくいかない方、自律神経を整えたいと思う方は鍼治療を受けてみてはいかがでしょうか。

引用・参考文献
・Kurono Y, Minagawa M, Ishigami T, Yamada A, Kakamu T, Hayano J.
Acupuncture to Danzhong but not to Zhongting increases the cardiac vagal component of heart rate variability. Autonomic Neuroscience:26(1・2).2011:116-20.
・Tarzan.自律神経を整える.2020.
・https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-082.html
(厚生労働省.E-ヘルスネット.2020.6.8)
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2020年7月 1日 水曜日

アレルギーマーチ(2)食物アレルギー 東洋医学研究所® 主任 橋本 高史 令和2年7月1日号

はじめに
近年ますます増加傾向にあるアレルギー疾患は、低年齢児にも及んでいます。最も低年齢で起こりやすいとされる食物アレルギーは皮膚や呼吸器、消化器や全身にアレルギー症状が出やすい疾患でもあります。
今回は、アトピー素因を持って生まれた子供が成長と共に臓器・病態を変えながら様々なアレルギー疾患を発症していく「アレルギーマーチ」の中の「食物アレルギー」についてお話させて頂きます。

アレルギーマーチとは
アレルギーマーチとはアトピー素因のある小児にアレルギー疾患が次から次へと発症してしまい、年齢とともに、症状が変化していくことを言います。
実際には、親から遺伝によってアレルギーになりやすい体質を受け継いだ子供が、食物アレルギーから発症し、アトピー性皮膚炎→気管支喘息→アレルギー性鼻炎・結膜炎と、乳児期から学童期へと年齢とともに疾患が変化していく様子を行進(マーチ)に例えて呼んだものです。

食物アレルギーの原因食物と主症状
食物アレルギーの原因となる食べ物は、乳児では鶏卵が最も多く、牛乳、小麦の3つが三大原因と言われています。食生活の幅が広がる幼児期以降では、魚卵(いくらなど)やピーナッツ、果物、そば、甲殻類(海老や蟹)などの食物アレルギーも報告されており、原因食物の種類は多岐にわたります。
元々アトピー素因のある小児が原因となる食べ物を食べて主に2時間以内にかゆみ、蕁麻疹といった皮膚症状、目・鼻・口に現れる粘膜症状、咳や喉の異常等の呼吸器症状、下痢・嘔吐といった消化器症状、場合によっては全身性のアナフィラキシーショック(血圧低下や意識障害)が現れるものです(表)。

表 食物アレルギーが原因で起こる症状

見逃されやすい食物
見逃されやすい食物として、母乳が挙げられます。新生児で起こりやすい疾患であり、新生児・乳児消化管アレルギーと呼ばれています。新生児・乳児消化管アレルギーは、最近次第に認識が広まりつつある疾患です。ミルクアレルギーとも呼ばれますが、ミルクアレルギーは成分により牛乳アレルギー、母乳アレルギー、大豆乳アレルギーに分けることができます。牛乳アレルギーが最も多く、ミルクアレルギーの大半を占めています。
主症状が、嘔吐、血便、下痢などの消化管症状で、発症時期が早いことも特徴であり、牛乳アレルギーの場合はほとんどが新生児期に発症します。これまでに知られているアレルギー疾患の中では最も早く発生するものです。そして蕁麻疹などの皮膚症状はみられないのも特徴です。
 小さい子をお持ちの親御さんは知っておくべき疾患であると思います。

食物アレルギーの対策
基本的には原因食物を回避することが治療の中心になります。症状が軽微でも繰り返しの摂取で重篤になることもあるので注意が必要です。
また基礎体力をつけるべく運動を心がけて下さい。健康的な食生活を心がけること、しっかりと睡眠をとることも重要です。
しかし、アレルギー疾患の発症にはさまざまな要因があり、生活の中からそのすべてをとり除くことは非常に困難です。またアレルギー疾患の発症には小児自身の心の要因も関係していることから、アレルゲンの除去は必ずしも発症予防につながるわけではありません。アレルギー疾患の発症にできるだけ早く気づくことと、適切な治療と管理により症状をコントロールしていく事が重要です。
また一方では、心身が大きく変化することで、成長によってアレルギー疾患が自然寛解することもありますし、新生児の消化器症状は1歳頃までに耐性を獲得する例も多くあります。

アレルギー疾患と小児に対する鍼治療
東洋医学研究所
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2020年6月 1日 月曜日

末梢性筋疲労はなぜ起こるのか 東洋医学研究所®グループ  二葉鍼灸療院 院長 田中 良和

はじめに
私たちの身体は大小約600もの筋肉により構成されています。その種類は①心臓を動かす筋肉(心筋)②内臓や血管を動かす筋肉(平滑筋)③体を動かす筋肉(骨格筋)の3種類です。関節等の身体運動に関わる筋肉は骨格筋です。その数約400の筋肉で滑らかな身体動作を実現させています。
「疲労」についてみていくと、厳密には「疲労」についての分類はできませんが、筋内でのph低下やグリコーゲン等の貯蔵エネルギーの枯渇が起ると運動が制限され疲労状態となります。この筋肉での疲労を「末梢性疲労」と言います。また、筋肉が働くには神経の刺激が必要となります。その指令は脳の運動野という部分から出て、脊髄を通って筋肉へと神経が繋がっていきます。これらの活動が制限されて運動能力が低下する状態を「中枢性疲労」と言います。
今回は、骨格筋内で起こる「末梢性疲労」についてみていきたいと思います。
ちなみに、筋疲労の定義は、「運動によって引き起こされる筋力または筋パワーを生み出す能力の低下」となります。

筋肉を動かすエネルギー
疲労を知る上でもっとも重要なのは、そのエネルギー供給システムです。これは筋細胞だけではなく、身体のあらゆる細胞が同じシステムですが、身体活動に大きな比重を持つ筋肉ではそのエネルギー産生量が多くなります。
運動を行う時は筋肉内の3機能が連携して運動が行われます。身体を動かすエネルギーはATPという物質(エネルギー通貨)を分解することで得られます。
①ATP-CP系
10秒以内の瞬間的動きに対応するには、筋肉内に蓄えてあるATPを分解しエネルギーを産生します。その代謝産物にCP(クレアチンリン酸)がリン酸を与えることで再びATPを合成しエネルギーを産生するという仕組みです。枯渇したATPは後に出てくる電子伝達系のもと再貯蔵されます。
②解糖系(乳酸系)
30秒から60秒ほどの急激に筋パワーを発揮しなければならない時には、筋内のグリコーゲンを分解し、その栄養を利用してエネルギーを産生します。その際、代謝産物として産生されるのが乳酸です。
筋疲労には、この筋内に含まれているグリコーゲン量が重要となります。また前回のコラムで紹介したように、近年の研究では、乳酸は疲労には関与しているが疲労物質でないことが分かってきています。乳酸は、再び骨格筋や心臓、脳でエネルギーとして再利用されるのです。
③電子伝達系(呼吸鎖)
長距離走などの持続運動においては、筋内のグリコーゲンを可能な限り保持したままエネルギー産生する必要があります。この時に主に使用される栄養素が脂質です。この無尽蔵なエネルギーを産生する場所はミトコンドリアという細胞小器官です。ここで解糖系や脂質における代謝生成物や、時にはタンパク質を利用しながら大量のエネルギーを産生します。
脂質を利用するシステムには酸素が必要となります。それが故にこのシステムは有酸素系とも言われます。前記の2つのエネルギー産生システムを、これと比較して無酸素系と言います。
また、このエネルギー産生では、全てがエネルギーになるわけではなく、半分以上は熱に変換されます。筋肉の量が多ければ熱の産生が多くなります。体温維持のため重要となることが分かると思います。
このエネルギーシステムでは、「疲労」に対して重要なカギを握る「活性酸素種(以下ROS)」や「フリーラジカル」が生成されます。体内に酸素を取り込み、生命活動を行う全ての動物に共通した宿命です。食事をしても、運動をしても、勉強しても、全てROS等が生成されます。
ROS等は非常に反応性の高い物質です。その量が身体で対応できる範囲内であれば、免疫反応や細胞内のシグナル伝達など、生体恒常性維持(ホメオスターシス)が重要な働きを行います。しかし、これが度を超すと、脂質、タンパク質および核酸などの生体分子を酸化傷害するという負の作用も存在します。
しかし、人間の身体はうまくできており、それらを打ち消してくれる機能も備えています。スーパーオキシムディアムターゼ等の酵素がそれにあたり、また、酵素以外でもビタミンEやC、還元型グルタチオンが抗酸化防御機構として働きます。
このROSによる酸化ストレスの慢性化が、糖尿病、がん、循環器疾患、神経障害などの疾患の発症、およびその進行に深く関わっており、老化過程への関与も示唆されています。

ROSの疲労に関する働き
近年の研究では、ROS等を除去する酵素群の機能を高めると運動における持久的パフォーマンスの向上や筋疲労が改善する報告があり、全身的な筋疲労にROS等が関与していることも示唆されています。
また、ROS等は細胞内での脂質代謝を抑制する働きも報告されており、結果、筋グリコーゲン利用率を高めて枯渇を早め疲労しやすい状況をつくっているのではないかとの報告あります。

まとめ
ここまでの話をまとめると、酸素を摂取してエネルギーをつくる私たち人間の身体にはROS等が必ず産生されます。運動等により、それらが過剰になることが末梢性筋疲労の大きな要因となっているということです。
「適度な運動」を行うことは生活習慣病や老化の予防に役立つのですが、その「適度」は各個人の筋力や運動能力、運動経験によって違います。地道に自分の可能な範囲で運動することで、自分自身の運動機能の「適度」を見つけ、それを楽しく継続していくことが、身体(筋肉)にとって最適な状態のではないでしょうか。

参考文献
・河村 拓史:酸化ストレスに及ぼす疲労困憊運動と水素摂取の影響.
 早稲田大学審査学位論文 博士(スポーツ科学).2018 年1月
・松浦 亮太:筋疲労を再定義する 北海道大学大学院教育学研究院紀要
第125号90-109.2016年3月
・石井 秀明:最近の疲労研究について.西田研究室 定例勉強会.2011年5月
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2020年5月 1日 金曜日

腸内細菌と健康長寿 東洋医学研究所®グループ  海沼鍼灸院 院長 海沼 英祐 令和2年5月1日号

はじめに
2017年と2018年のコラムで、腸内環境と免疫力の関係について書かせて頂き、腸内環境が整っていることの重要性と、腸内細菌の活性化が免疫力に繋がることについて説明いたしました。
今回は、腸内細菌についてさらに分かってきたことを報告させて頂きます。

腸内環境について
人の腸内細菌(常在菌)は、善玉菌が約2割、悪玉菌が約1割、日和見菌が約7割から成っています。善玉菌は、人の健康に有益な菌で、ビタミン生成や免疫機能の維持で活躍します。他にも、善玉菌が体内の炎症を抑える働きがあることも分かってきました。
腸内にいる常在菌に対して、ヨーグルトや漬物、納豆などの発酵食品の菌は、通過菌と呼ばれています。通過菌は、腸には住み着かずに出て行ってしまいますが、腸の中を通過する際に良い物質を出して常在菌を助けてくれます。
今現在も調査が続いている、京都府立医科大学准教授の内藤裕二先生らによる京都府北部の京丹後市に住む高齢者の長寿の秘訣を探る疫学調査「京丹後長寿コホート研究」で、腸内の善玉菌の一つである酪酸菌が腸内に多いと健康長寿であることが分かってきました。

酪酸菌の効能
酪酸菌は、腸内で酪酸という物質を作り出します。酪酸は、主に大腸が正常な働きをするためのエネルギー源として使われます。大腸の粘膜上皮細胞が必要とするエネルギーの約60~80%は酪酸でまかなわれていて、大腸が正常に機能するための重要な物質です。また、アレルギー疾患やインフルエンザなどの感染症、さらには糖尿病やがんとの関連が研究され、酪酸が健康維持に大きく貢献している可能性が分かってきています。
ところで、この酪酸菌を含む食品は非常に少なくて、ぬか漬けと臭豆腐くらいです。そのため、食事から酪酸菌を摂るのは難しいのです。しかし、食事を工夫することで、この酪酸菌を増やせることが分かってきました。

酪酸菌を増やすには
腸内の善玉菌のエサとなるのは食物繊維です。食物繊維を多く摂ることで腸内の善玉菌を増やすことができます。さらに、食物繊維には大きく分けると水に溶けやすいもの(水溶性)と水に溶けにくいもの(不溶性)があり、特に腸内細菌のエサになりやすい水溶性食物繊維を意識して摂ることが大切です。水溶性食物繊維を多く含む食品としては、海藻類やキノコ類、豆類やらっきょう等があります。これらの食物を中心に、一日20g以上の食物繊維を摂ることが望ましいそうです。また、食生活の改善だけでなく、運動習慣の改善も腸内の酪酸菌を増やすのに効果的です。継続的な運動の習慣で、酪酸菌が増えるという研究結果が報告されています。ランニングやサイクリングなどの有酸素運動も有効だそうです。

おわりに
今回、「腸内細菌と健康長寿」というテーマで、最近の研究で新たに分かってきた酪酸菌と健康長寿の関係を中心にお話しさせて頂きました。
食生活の改善と継続的な運動が腸内環境を変えて健康の増進に繋がります。そして、東洋医学研究所®とそのグループが実践している生体制御療法は、黒野保三先生が実証医学的に検証された健康増進に最適な治療です。継続的な鍼治療と食事や運動を見直して、健康長寿に役立てて頂きたいと思います。

引用文献
・NHK総合テレビ ガッテン! 2019年11月20日放送
「長寿&がん予防で注目!腸内細菌パワー覚醒術」
・武田コンシューマーヘルスケアWEBサイト 
「酪酸菌大百科」
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2020年4月 1日 水曜日

今あらためて血圧に関するお話 東洋医学研究所®グループ  伸誠鍼灸院 院長 加納 俊弘 令和2年4月1日号

昨年、「高血圧治療ガイドライン2019」が発表されました。
主だった変更点はリスクの高い糖尿病や腎障害のある方をより厳格な降圧目標とすることでした。

最近、いろんな立場の方々が、血圧に関して動画サイトなどを通じて、血圧は高くてもかまわない、むしろ血圧はある程度高い方が血流が良い、医療産業が降圧薬を売るために血圧を低く設定している、降圧薬を服用していると脳梗塞になるなどと発言をされています。
血圧の中身を考えずに血圧値だけで善し悪しを無責任に発信されることは決して有益なこととは思えません。また、このような発言をされた方々の中に鍼灸師がおられたことを大変残念に思っております。

今回、循環器の医師に紹介するにあたって患者さんにお伝えしていること、高血圧に関し臨床の現場で経験したことを、お話しさせていただきたいと思います。

血圧が高い方が血流が良いというのは誤った認識であります。
以前コラムでお話しさせていただいた中心血圧は心臓から出た大動脈基部の血圧です(平成21年9月1日号コラム:知って防ごう!動脈硬化Part3-手首の脈から得られる動脈硬化の新しい指標-)。
大動脈など太い動脈は弾性血管と呼ばれ、その先の末梢血管とともに、この弾性力が失われてくると中心血圧は高くなり、全身の血行動態も悪くなります。つまり、滑らかな血流が血管や脳や腎臓などの組織にダメージを与える血流に変わってしまいます。

残念なことに、降圧薬を服用しておられる患者さんもなかなか医師による血行動態の改善につながる生活習慣の指導や説明を受けている方が少なく、血圧値だけで一喜一憂されている方が多いように思われます。

患者さんに血圧の中身を説明させていただく時にいつもお話しすることは、この中心血圧の存在で、「80歳と20歳、身長、体重が同じで血圧120/80mmHg 脈拍80回/分という同じ数値のデータがあった場合どう思われますか」とお聞きします。ここで答えられる患者さんはおられませんが、「20歳の中心血圧はおそらく100mmHgない位でしょう。80歳の中心血圧は130mmHg位はある場合が多いと思います。」とお話しさせていただきます。

つまり、一般的に測られている上腕血圧では見えない血管リスクがあること、この中心血圧に影響する大動脈の弾性力の維持改善には食生活などの生活習慣の改善とともに有酸素運動が必要不可欠であること、有酸素運動はその他の基礎疾患がある場合は必ず医師の指導により行うこと、などがあります。年齢にもよりますが、有酸素運動は一般的には目標値40分以上、隔日行うことが理想であることなどを、お話しさせていただいております。

過去の臨床において血圧と症状がリンクした症例が数々ありました。

高血圧・糖尿病・心筋梗塞・下肢閉塞性動脈硬化症の既往があり、足趾が黒く冷たい患者さんが1年ほど鍼灸治療に通われて、足趾の色の改善とともに血糖値と血圧の変動が安定してきました。

半年間も膝痛で理学療法の治療を受け改善が見られずに来院された患者さんは、降圧剤を服用されていたにも関わらず、午前中の血圧が180mmHg以上あり肥満と血糖値が高めでした。治療をさせていただき膝の痛みと熱感はある程度緩和してお帰りになったものの3日後に来院された時には、また痛みと熱感をぶり返し3回ほど治療させていただいた後に、循環器専門医を受診され原発性アルドステロン症が見つかり投薬の結果、血圧の正常化とともに膝の痛みと熱感も取れていきました。
 
また、同じく膝痛の患者さんで肥満と高血圧と心房細動の既往がありましたが、血圧と心機能が改善されてきたのと時を同じくして膝痛も改善していきまた。

また、残念な症例ではありますが、腰痛の患者さんでやはり上半身肥満があり、その方も午前中の血圧が高く肥満解消のための食生活などの生活習慣の改善と循環器専門医の受診を勧めたのですが、なかなか聞き入れられず鍼灸治療も離脱され、数か月後に脳卒中でお倒れになりました。

このように血圧は筋骨格系の炎症・疼痛症状にも少なからず影響を及ぼしており、その改善と管理が身体全体の健康に必要であると思います。

私は鍼灸治療の前にほぼ100%患者さんの血圧を測っております。そこで思うのは、自分の朝夕の血圧値を知るということ、血圧高値が頻繁の場合、食生活などの生活習慣の改善を行い、なお高い場合は血圧手帳(けんぽれんHP:血圧手帳)をつけた上で循環器専門医への受診をお勧めいたします。

今日、未熟ではありますが、鍼灸治療をさせていただくにあたり、知識の研鑽と鍼治療に対する姿勢を学ばせていただきました東洋医学研究所®黒野保三所長に深く感謝申し上げます。

参考資料
・血圧手帳:https://www.kenporen.com/health-column/ketsuatsu-techo/
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ