• 膨大な臨床鍼灸の研究実績
  • 91.9%の効果を実証
  • 早い・短い痛くない治療

コラム

2011年6月 1日 水曜日

心身一如のからくり  東洋医学研究所®グループ栄鍼灸院 院長 石神 龍代

平成23年6月1日号


はじめに
 去る3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災と大津波、それに伴って起こってしまった原発事故により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
 よく昔から「病は気から」という言葉を聞きます。私たちの心と身体は一体であり、心のあり方がいかに大切かということは、今回の東日本大震災において被災された方々の精神性の高い言動が如実に表しています。
 近年、予防医学的観点から「心身一如のからくり」についてのさまざまな精神神経免疫学的研究が行われていますので紹介します。

ポジティブ感情(前向きな思考)と身体機能との関連
 「陽気な心は健康を良くし、陰気な心は骨を枯らす」という言葉があるように、はるか昔から「うれしい」「幸せ」などといったポジティブな感情をよく喚起していると健康によい影響を及ぼすと信じられてきました。興味深いことに、こうしたポジティブ感情を普段からよく喚起している人たちは風邪をひきにくく健康であるということが最近報告されており、ポジティブ感情は私たちの身体、とくに細菌やウイルスの感染を防御するシステムである免疫系などに非常に有益な効果をもたらすことが示唆されています。
 さらに、「幸福感」が高い人々は急性ストレスが負荷されても交感神経系の過剰な活性化が抑えられ、身体に負荷があまりかからないことや、疾病率が低いことなども報告されています。

ストレスと身体機能との関連
 疲労・睡眠不足などのストレスは私たちの免疫機能を低下させ、身体的な健康状態に悪影響を及ぼすだけでなく、免疫系機能異常により免疫系のシグナルである炎症性サイトカインの血中濃度が上昇し、それが脳に作用して抑うつ状態が引き起こされ、精神的な健康状態にまでも悪影響を及ぼすことが明らかになっています。
 種々の心労や悲哀、抑うつ状態では、感染症、アレルギー疾患、自己免疫疾患、さらにがんの発生率が増加することが報告されています。
 配偶者の死後に残された片方の配偶者のリンパ球の反応性が2~8週間後に低下するとか、乳癌に罹患した妻をもつ夫を調べたところ、死別後のリンパ球幼若化能が著しく低下していたとか、試験ストレスによって末梢血リンパ球のPHA反応、インターフェロン産生能及びナチュラルキラー(NK)細胞活性が低下するなどの報告がなされています。
 ストレスと感染との関係については、心理社会的因子が感冒発症に及ぼす影響について、健常者を用いた臨床研究があります。あらかじめ被験者に対し、面接、質問紙法により、個々の心理特性、ライフイベントの有無について評価し、その後、感冒の原因ウイルスであるライノウイルスを点鼻し、発症の頻度、ウイルス分離、抗体の上昇などの疫学的研究を行った結果、発症と最も関連していたのは自覚的ストレスの強さであったということです。
 また、一ヶ月未満の比較的短期間のストレス状況に曝されていた例では、感冒の罹患率は低く、逆に持続的なストレス状況に曝されていたケースでは、罹患率が優位に高かったということです。
 一般にストレスは免疫機能に対して抑制的に作用するとされていますが、短期間の急性ストレスは、慢性ストレスとは異なり、生体の免疫機能を賦活し、感染防御能を高める可能性が示唆されています。
 私たちの身体を構成する60兆個もの細胞には解糖系(無酸素状態で活発になる)とミトコンドリア系(有酸素状態で活発になる)の2つのエネルギー経路が備わっています。
 現代人は働き過ぎや心の悩みなど種々のストレスによって解糖系エネルギーに依存した生き方に偏っていることが、低酸素・低体温の状態をもたらし、病気を生み出しているといわれています。
 がんも、低酸素・低体温の状態が日常化したとき、身体の細胞ががん化して生じるといわれています。


ストレスの解消法
 内的・外的ストレスに対して内部環境の恒常性を維持するうえで、神経、内分泌、免疫のホメオスタシス系は情報伝達の仕組みを共有して総合的に生体調節系として働いています。免疫機能を上昇させるものとして、鍼治療、絶食療法、精神的サポート、笑うことなどが報告されています。
 身体を温めることに加え、深呼吸や適度な有酸素運動で上手に酸素補給を心がけることによって、ミトコンドリア系エネルギー代謝が高められ、健康に生きるための英気を養うことができるといわれてます。
 今回の大震災で懸念されているのが、心的外傷後ストレス障害(PTSD:危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後に起こる、心に加えられた衝撃的な傷が元となる様々なストレス障害を引き起こす疾患)であります。
  治療としては、精神科や心療内科の医師による面談や薬の服用、認知行動療法に加え、鍼治療の有用性も報告されています。

おわりに
 今回の東日本大震災は、日本および世界に筆舌につくせない様々な大きな影響を与えています。
  今後の日本のことを思うと不安で暗い気持ちになりますが、人間関係の重要性の再認識、生に対する感謝の念、生活習慣の見直しなど、本来日本人に培われてきた精神性の高い文化生活が回復し、強い絆と温かい支援によって、力強く復興することを信じます。

参考文献
1)松永昌宏、金子宏、坪井宏仁、川西陽子:主観的幸福感に着目した心身相関の新展開.心身医51(2).135-140.2011.
2) 久保千春:ストレス応答と神経免疫内分泌学.医学のあゆみ.212(13):1111-14.2005.
3)安保徹:人が病気になるたった2つの原因.講談社.2010.
4)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E7%9A%84%E5%A4%96%E5%82%B7%E5%BE%8C%
  E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9%E9%9A%9C%E5%AE%B3
5)http://www.toyo.ac.jp/soc/project/pdf/47-2Ando.pdf
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

2011年6月 1日 水曜日

痛みについて 東洋医学研究所®グループ 二葉はり治療院 院長  甲田 久士

平成21年6月1日号

はじめに
 何とか痛みをやわらげてほしいと思うのは痛みを感じている人の願いです。では、そのためには何をどうすればいいのでしょうか。痛みとはなにか、また痛みはどのような波及作用があるのか、痛みを取り除き、健康維持、健康長寿を達成することを目標とするうえで、多くの人たちが痛みの少ない毎日を送ってほしいためにも、痛み自身を理解することが大事です。一般的知識を知っておくとともに、自らの努力で少しでも痛みが軽くなるように取り込むことが必要です。
 健康な人間でも痛みを感じるとき、気分が沈んだり、些細なことでもイライラし、何かに当たる事もあります。痛みが長期間続くと「慢性痛」の状態になってストレスがたまり、さらに痛みが長引くと人間性をも変えてしまうようなうつ状態になってしまいます。痛みの感じ方にはかなりの個人差があり、その状態の表現の仕方も強さも客観的に示すことは困難です。痛みは患者さん本人にしかわかりません。

痛みとは
 「痛み」とはいったいどのような感覚なのか。そう問われても、答えはさまざまです。針をさしたときの痛みは典型的な痛みの感覚ですが、腰や頭が痛くなるように感じるのも痛みですし、歯科医院で入れ歯を削っている音を横できいているだけでも痛いと感じる人もいます。「心頭滅却すれば・・・」と火種の残っている灰の上を素足で歩いていても、熱さも痛さも感じないといったこともあるようです。このようにつかみどころがないのが「痛み」です。1981年に国際疼痛学会は痛みの定義をこのように定めました。
 「実際に体に障害が加わるか、見えない障害が加わった際に生じる不快な感覚や気分、そしてそのような障害があったかのように思って生じる不快な感覚や気分」
 この定義から、
1) 実際にケガや病気などをして痛む。
2) ケガや病気は快方に向かっていても、そのために風が吹いても痛いような気がする。
3) 想像しただけでも痛む。
という、痛みは3つの段階を含んでいることが分かります。
 通常では、この痛みの3段階のうちで一番多く体験するのが第1段階です。しかし、人によっては第3段階まで強く痛みを感じ、しかも、その痛みが長引いて家から外に出られない、会社も休むといったように生活にも影響が出てくることがあります。このように次の場面、次の状況へと波及していくのが痛みなのです。

 痛みを時間の経過でとらえますと3段階の順に生じます。肩や腰・膝の痛みが長引きますと図1に示すように障害が生じます。
 痛みが長期間に及びますと、痛みのために体を動かせない、動かそうとしない、その結果、体が弱っていくといった、体への影響が現れます。また、いつ治るのか、悪性の病気が潜んでいて死んでしまうのではないかといった不安がつのり、その不安によってイライラしたり、気持ちが落ち込んで目もうつろになったりと心への影響が現れます。



図1 痛みが長びくことによって現れる四つの側面

 痛みが心身両面へ影響を及ぼすことにより、なんとなく元気がなくなり、外出する機会も減って社会との交わりが少なくなり、次第に食欲不振、睡眠不足など日常の行動面にも影響が出てきます。その結果、学校へ行かない、仕事を休むといったように日々の生活が消極的となり、友達が少なくなったり、収入が減ったりします。
 このように「痛み」という症状は、食欲不振、咳が出る、めまいがするといった一般的にみられる病気の症状に比べ、波及効果が大きい点で際立っています。また、体・心・行動・社会の状況が、逆に痛みを増強させたり、長引かせたりすることもあります。
 痛みに対する医療の挑戦は何千年もの長きにわたり続いています。それは痛みが病気の初発症状であるばかりでなく、患者さんの社会活動制限など波及作用をも考えなければならないほど重要な症状だからです。だから時間が経てば自然に治るとか、我慢できるから大したことはない、大丈夫だという考えは大きな間違いです。

体の異常を伝える警報としての痛み
 「痛み」を感じることは、体を脅かす危険信号としては必要なことなのです。
1)痛みの部位(どこが痛むのか?)
2)痛みの程度(どのくらい痛むのか?)
3)痛みの種類(どのような痛みか?)
が特定でき、それによって本人の自覚が高まり、日常生活において対応ができます。また医療サイドも正しい診断ができ、適切な治療が可能になります(図2)。
 しかし、痛みはいつまでも続くことがあり、不快感や抑うつ感など感情の変化を伴うこともあるのが難点です。火災報知器でも誤作用を繰り返したり、鳴り止まない場合はスイッチを切りたくなります。痛みも、警報装置としては必要なものといえますが、やはり、厄介なものです。
<痛みがもたらす精神的・社会的波及作用>
 痛みの発生している部位だけにケガや病気が存在しているととらえるのではなく、精神的・社会的波及作用が次の病気を招くほど、ほかへ影響するといった性質を有しているのが痛みです。

図2 痛みを感知することの重要性

痛みに左右される気持ちや行動
 図3に示すように、ケガや神経の圧迫により痛みが生じた場合は、不安になったり落ち込んだりすることがあります。これは、痛みの影響で気持ちが揺れるというより、痛みの感覚と気持ちの揺れとが平行して動いて、お互いに悪い影響を及ぼし合うことによります。そして、痛みのために姿勢が悪くなって恥ずかしい、気力が衰えて仕事に就けない、動きたくないので家に閉じこもってしまうといった理由で社会での活動量が減ります。こうした傾向は痛みが長引けば長引くほど強くなります。

気持ちの有り様によって変わる痛み
 逆に、痛みそのものも気持ちの有り様によって変わります。たとえば不愉快な思い、睡眠不足や疲れ、不安感や恐怖感、怒りや悲しみ、ちょっとした気分の落ち込みなどによって痛みを強く感じます。独りぼっちでさみしく内向していたり、会社などで不遇をかこっているときにも痛みを強く感じます。逆に、病気中でも症状が改善傾向にあるとき、休んでいたり眠っているとき、気持ちの通じ合う人と触れ合っているとき、気晴らしをして気分が良いとき、いい便りが届いたり周囲が明るくて気持ちが落ち込まないような状況のときなどは痛みを弱く感じ、ときには痛みを忘れたりします(表1)。
 「痛み」は、ケガをしたり、臓器や神経に傷害があって起こるだけではありません。傷害が完治した後、どこにも傷がなくても起こることがあります。痛みの感じ方は、痛み刺激に対する個人の感受性、痛みへの注意の集中や過去の経験、周囲の環境など様々な因子に影響を受けます。
 また、喜怒哀楽などの情動を痛みとして感じることもあり、治療者が痛みの身体的原因をしっかり探らずに、容易に精神的なものが原因となっている痛みと判断するのは気をつけなければいけません。しかし、少なくとも精神的因子やストレスが痛みを増幅させるのは明らかです。
 鍼灸院に痛みを訴えて来院する患者さんには、私達鍼灸師は痛みに対して治療をして、痛みを軽減できても、家庭環境など患者さんが置かれている様々な状況が改善されなければ、痛みが取れないこともあります。
 このように「痛み」の原因は非常に複雑です。ですから、本当に患者さんの身になって治療をすることが鍼灸師には一番大切なのです。
図3 3段階の痛みの影響
 
表1 痛みを強く感じさせたり弱く感じさせたりする要因

おわりに
 原因不明の痛みを訴える患者さんは多く、患者さん自身が痛いといえば痛く、科学・医学が進歩発展しているにも関わらず原因が解明されていないのが現状です。痛みは体からの警告信号です。
 痛みは慢性痛になる前に適切な治療を受けなければいけません。長引けば長引くほど痛みのほか色々な症状(不快感、不眠、疲労、不安、恐れ、怒り、うつ状態)が現れます。痛みの情報は中枢神経系(脳、脊髄)で感知し、同時に痛覚抑制系も深く関与しており、鍼治療をした後、痛みが楽になる感覚は、鍼刺激がこの痛覚抑制系に働くと考えられます。
 東洋医学研究所®グループでは、東洋医学研究所®所長黒野保三先生が神経生理学・解剖学の基礎実験から証明した裏付けのある効果的な刺激方法を生体に与え疼痛疾患の患者さんの痛みの改善に努めてきました(黒野保三先生の研究業績参照)。
 我慢をしても何も特はありません。痛みを感じたら我慢せず速やかに治療を受けてください。その治療法の第一選択として副作用がない鍼治療をお勧めします。また長い間、痛みで苦しんでおられる患者さんにも是非、鍼治療を勧めていただけたらと思います。

参考文献
 林 泰史:肩・腰・膝 痛みのクリニック.山海堂.2003
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ