• 膨大な臨床鍼灸の研究実績
  • 91.9%の効果を実証
  • 早い・短い痛くない治療

キャンペーン

何をやっても効果がでない、薬が続かない…。治療費がかさむ…
糖尿病でお悩みの方、今がチャンスです!
糖尿病と真正面から向き合う方法があります

モニター条件

以下の条件を満たしている方限定で参加頂けます。

モニター条件

①糖尿病と診断された方、もしくは病院で血糖値が高いといわれた方
週2回、6ヵ月以上継続して治療ができる方
③病院の血液検査などのデータの提供にご協力いただける方
 ※初回来院時に最近の血液検査データをご持参ください。

①②の条件に当てはまる方は下記の「健康促進プロジェクトチーム」へお問い合わせ下さい。
プロジェクト参加者は、各治療院で通常の半額の治療費で鍼治療をお受け頂けます。
受付時間等は各院によって異なりますので、最寄りの治療院をお探しください。

 

患者さんの声

糖尿病キャンペーンに応募された患者さんを紹介させて頂きます。

① 治療期間
② 検査値の変化
③ 患者さんの症状の変化
④ 患者さんの感想

50代 男性
①6ヶ月
②5年前から発症、HbA1cが7~8%で推移。治療前HbA1c 7.4%でピーク、鍼治療後2ヶ月から4ヶ月後まで7%前半で推移。6ヶ月後に6.4%。
③糖尿病と思われる症状は初診時からなし。
④今まで食事、運動、服薬をしてもHbA1cが7~8%から減少しなく納得できなかったが、初めて6%になり嬉しくて鍼治療に満足しています。

60代 男性
①治療期間:1年間(治療頻度 週2回)
②検査値の推移(HbA1c)
6年前、糖尿病と診断を受け服薬を続けてはいたが、HbA1cは7.0%を下回る事はなく7.2%~7.3%で推移していた。
鍼治療後も服薬は続けているが、1ヶ月を過ぎた検査では6.8%、2ヶ月を過ぎた検査では6.1%、3ヶ月が過ぎた平成28年1月の検査で5.6%、3月には5.7%、5月には5.6%、7月には5.8%、8月には5.6%、9月には5.7%、10月には5.8%と基準値で安定推移している。
③昨年視床出血で入院。退院後10月より鍼治療開始。平成28年1月より職場復帰。仕事も今まで通りこなされている。ほとんど痛みで動かせなかった右肩(屈曲60度位)は屈曲160度位まで改善した。
④ほとんど痛みで動かなかった右肩も何とか思い通り動くようになりました。視床出血の後遺症のしびれはまだ強く残っているが、血糖値の心配がまったく無くなりとても喜んでいます。

70代 女性
①1年4ヶ月
②20年来、糖尿病を患っている。鍼治療前HbA1cは7%台で推移。3ヶ月後HbA1cは5.7%に減少。
③身体に種々の症状があり、健康チェック表、糖尿病カルテで評価したところ、糖尿病に随伴する症状が軽減した。
④1年4ヶ月治療を続けており、現在もHbA1cで6.1%で安定し、身体症状がいいので娘・孫とともに鍼治療を受診し喜んでいます。
↓
東洋医学研究所Ⓡ
院長:黒野保三
TEL:052-751-9144
詳細はこちら
栄鍼灸院(名古屋市中区)
院長:石神龍代
TEL:052-261-1433
詳細はこちら
二葉鍼灸療院(大垣市)
院長:皆川宗徳
TEL:0584-74-0003
詳細はこちら
二葉鍼灸院(安城市)
院長:山田篤
TEL:0566-77-8503
詳細はこちら
福田鍼灸院(豊田市)
院長:福田裕康
TEL:0565-82-3771
詳細はこちら
井島鍼灸院(岐阜市)
院長:井島晴彦
TEL:058-262-4939
詳細はこちら
みずの鍼灸療院(静岡県浜松市)
院長:水野高広
TEL:053-437-6868
詳細はこちら
二葉鍼灸療院(岩倉市)
院長:狩野 義広
TEL:0587-66-5355
詳細はこちら
二葉はり治療院(北名古屋市)
院長:甲田久士
TEL: 0568-25-6030
詳細はこちら
二葉鍼灸療院(名古屋市港区)
院長:河瀬美之
TEL: 052-653-2849
詳細はこちら
いちえ鍼療院(岐阜県揖斐郡)
院長:内藤:真次
TEL:0585-45-3789
詳細はこちら
かどむら鍼灸院(豊橋市)
院長:角村幸治
TEL:0532-47-2577
詳細はこちら
たかやま鍼灸院(静岡県浜松市)
院長:高山加奈子
TEL:053-589-3207
詳細はこちら
東洋医学研究所Ⓡ 連絡先

どうして鍼が効果的なのか?

鍼治療を受けると血糖値が一時的に下がるのではなく、継続的に血糖値を下げ、血糖コントロールを良好にすることでHbA1c(※)も下がります。

どんな鍼治療をするのか?

治療風景の一例をご紹介します。

①問診

①問診

②アンケート

②アンケート

③説明

③説明

④鍼治療

④鍼治療

後日検査結果を当院へお持ちください。

今までの研究内容・実績は?

継続的に鍼治療を行うことで自覚症状に変化が!

継続的に鍼治療を行うことで自覚症状に変化が!

東洋医学研究所®による糖尿病に対する鍼治療効果の研究は、(公社)全日本鍼灸学会学術大会において、動物実験6題、症例報告17題、症例集積研究4題、調査研究1題が報告されています。